駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ジャケット姿の渋谷の駅員

渋谷の駅員に家族はいない

こんな夏にもジャケットをお召しの

駅員だ

肩の辺りについた白い砂を

 ぱらぱら はらはら

はたきおとして・・・・

渋谷の駅員に家族はいない

渋谷の駅員に歴史は ない

渋谷の駅員を形作ったものなど ない

彼はただ駅員として生まれ駅員としてなくなってゆく

ちょうど あなたは 道路標識のよう

なのだ

 ★  ★

台東区のバス・「めぐりん」にやっと乗ることができました。100円で、あっというまに京成上野駅まで。すごくべんり。見た目もかわいいバスです。運転士は華やかなコスチュームでした。

 ★  ★

もとの職場に行って作業をしていたら、ふと気づくとコーモリの死体が足元に!!

その後みんなで大騒ぎして、フロッピーケースに入れられ標本となりました。思ったよりコーモリって小さいのですね・・・・。

 ★  ★

おとといの日記もさりげなくレタッチ画像をアップしているので

見ないで下さいね。

ではおやすみなさひ~。