駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

車掌に抱かれて眠りの続きを

朝早い仕事が2日続きました・・・。ちょっとぐったり。ふつうのひとはこんなスケジュールで毎日過ごしているのですね。

この2日間は電車で座れたら、グツグツ寝ていました。あーしあわせ。電車での居眠りって、ほんとうに気持ちがいいですよね。家だと不安感で眠れないこともあるのに、朝の電車では駅員さんや車掌さんにしっかり守られて、よく眠れるのかな・・・。

 眼を閉じるときに車掌さんが見えて

 眼を覚ました瞬間にも車掌さんがそこにいる、

 ああ、おはよう、いやだわ、寝起きの姿をお見せしてしまいましたわ・・・。

わたしの意識が飛んでいた間、

県境の大河を列車は越えて

春の芽、冬の残り香、二度と帰らない日々

わたしの意識はふわふわ飛んでいた通勤電車、

そのうちわたしは学びたい、車掌室へのテレポーテーション!

すべての居眠り乗客がふわふわ遊ぶ、朝の小田急テレポーテーション!

ああ、車掌がそのたましいと戯れる、

ああ、車掌は10両目の乗客のすべてが眠りについたことを見出す、

そしてやってくる、眠った乗客のむじゃきな風船が、車掌室へとふわふわ押し寄せラッシュする。

小田急さくら組、先生おはようございます。

みんなであそぼう火曜日の、朝。

もうすぐ黄金週間なので、ちょっぴり楽しみです。遠出の予定はないですけど、近場でいろいろ遊びたいな~~~と思っています。