駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

そんなに近くにいらっしゃらないで・・・・

今日は、運転士の真後ろでガキと争いつつ、かぶりついていたら、

 なんと客車に、2名の駅員がっ!!

 精算でもするのか、2名、わたしの後ろに!!

いらした・・・・・。

ああ、そんなところに、駅員がいらっしゃるなんて・・・。

運転士にムンムンするわたしのこと、見ていらしたのかしら、ああ、恥ずかしい。

その2名の駅員は最終的にはわたしのそばにそっといらして

2駅ほど、ずっと一緒に乗っていた。

雨のち晴れのち雨、がたたん・・・

ガキ。

駅員。

わたし。

見るともなく見た、JR東日本の制服。

ああ、ジャケットは、ボタンがみっつだね。

上半身をきゅっと長めに締めるのが、JR東日本のスタイルだ。

そしてスラックスの絶妙な、シワ。足の太さに対して、きつくなく、ゆるくない、見事なシワの寄り方、あれはもっとも足を美しく見せる太さなのだ。すごいなあ、本物は違うなあ、身体のラインにぴったりした制服だなあ、綺麗だなあと見とれてしまいました。

降りたあとの彼ら駅員ときたら、腰のベントに囲まれた布の部分が、強風でめくれあがったりして、パタパタ・・・・制服が雄弁にバイバイしてくれました。曲線の美しさをかもし出す、身体、翼をどこかにかくしてるのね、金色の。

そして今も・・・・黒砂糖の黒、ミッドナイトの黒、熱さのある黒、涼やかな黒、駅員の黒、そしてゴールド、が、いまでも瞳に焼き付いています。いつからJR東日本がわたしのナンバーワンになってしまったのかな・・・。

でもわたし、駅員さんに、別に触りたいとか接触したいとか抱かれたいとかじゃないのです。JR東日本の駅員さんは、ただ遠くから見つめていたい、夕映えの長い影を少し踏みたい・・・そのくらいのあこがれなのです。だからあんまり近くにおられると、困惑すらしてしまいます。

★  ★

そんなことはともかく・・・・

土日と仕事で、パソコン仕事も多く、ちょっと肩こりしている感じです。明日はちょっとゆっくりして、マッサージとか行こうかな・・・なんて思っています。

いよいよ来週にせまりました「くつしたサミット」の練習しています。春らしい舞台になるといいなあって思います。お時間のある方はいらしてくださいね。以下のような感じです。

「くつしたサミット No.2」

◆一度聞いたら忘れがたい、女性パンク詩人ロッカー?くつしたさんと、松岡宮による2マンイベント。合計2時間の小さなイベントです。トークあり(レンダさんがトークでゲストに出てくださいます)。松岡宮は30分程度の音楽と詩などをやります。作品はいちおう決まりましたが、リクエストがあれば可能な限り対応したいと思います。

◆時間は2007年3月18日(日)、14時から16時。場所は丸の内線「東高円寺」駅近くの「Kaztou」です。入場料は1500円+1ドリンク(500円)。ちっと高くてごめんなさい、ということで、駄菓子等のプレゼントがあります。

くわしくはこちらに→