駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

東京あっちゃこっちゃ

昨日は六本木ヒルズに行きました。いちおう仕事・・・??仕事を含んでいるランチ。景色がよくて、ケーキがおいしかった。

::::

今日はアルバイトでした。先週と違って目覚めがよく、がんばりました。

ところで最近、いろんなケアワークの職場で、リハスタッフを募集しているというのを聞きます。わたしのように無資格だとだめですが、看護師、理学療法士(PT)とか、作業療法士(OT)、ケアマネはあっちこっちで募集しているようで、ニーズの高い資格なんだな~と思います。

わたしがいま欲しいなあと思う資格は、認定詩人1級(財団法人 詩人検定認定協会)です。

::::

渋谷駅は素敵です。東京メトロJR東日本、京王、東急の駅員が一気に(かなり短時間のうちに)味わえる駅です。

 駅員、駅員、紺色をベースに、

  銀色、明るい金色、鈍い金色、白色。

ワッフルの甘い香りに、ひっそりとたたずむ植木の、駅員、わさわさ・・・。

その間をぬう屈強な警備員たち、ウェストを絞ってリンリンしく、歩いている。

渋谷。

駅員はまるで監視カメラの補助みたいに、

ただそこにいて、

いろんなことを考えて、

それを表に出さないで、

汚れた川の杭となる、

駅員が渋谷で考えている あんなことや こんなことを

知っているのは

備え付けの 脳波形 だけ

駅員と名づけられたとたんに 人間ではなくなる 彼らが

駅の雑踏に 安全でないものを

みつける

:::

明日は髪を切りに行くかなあと思います。あと、DVDビデオカメラか、HDビデオカメラを買う決意をいたしました!(仕事でたぶん使う)。なんかわたしのことだから、映画でも撮りたくなるんじゃないかと心配です。