駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

元気をもらった水曜日

今日は、ある原稿の仕上げで、介護保険予防給付に関する専門家のコメントをもらいにアルバイト先に行きました。帰りは受付さんと夕食を食べましたが、その方もいろんな夢を抱いて頑張ってるんだなあということがわかって、わたしも元気をもらったという気持ちです。あ~、やっぱり仲間っていいのう~~。

さて、例の、レモ・グレが素敵なポスターをゲットです★

うーん、いいですねえ。

さわやかな委員長、そのもののような、倫理が服を着ているような

あなたには、気恥ずかしさも、何か無理にやっているという気負いも

風情もなく、ただ当たり前のようにタスキをかけて、自分たちが規範であり

模範であり四角い存在そのものであることを、黄色く主張している

のですね。

まいったわ・・・・。

なんか、当たり前のように正しい、駅員というものの、純白に、完敗(乾杯?)です。

ところで、もう今週の土曜日ですが、26日夜遅く、梅島ユーコトピアでイベント出演します。イベントやライブが続いたせいか、声だけは(今のところ)調子がよいです。30分弱のライブイベントになります。お近くの方はぜひ。

また、「松岡宮の今週の壺」毎週水曜日に更新していますので

「駅員と私」topから見に行ってくださいね。