駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

JR東日本の車掌さん

今日は、夕暮れどきの車掌さんが美しかったです。

JR東日本の列車、グレイのストライプのシャツ。汗じみとかはなかったです。さやさや、そよそよ、の、車掌、腕が、みっしりと重そうな、おとこ、おとこ、おとこの、車掌。JR、ジュニア、ジュニア、じぇいあ。

車掌はホームに滑り込むと

腰を「くい」っとひねって

まるで 風を 呼び込むみたいに

「くいくいくい」っと

した

 あと、ムッチリした手袋・・・みっちりというか

 コンモリというのか

 とにかく・・・わたしは身体にぴったりした衣類を

 お召しの駅員さんに惹かれますが

 手袋ってのはたいがい

 ピッチリしているので

 あの親指の付け根の肉の盛り上がりに

 こころ

 誘われてしまうのですね

その車掌さんは・・・ほんとに良かったなあ・・・・。

ああ、良かった。

暑い日 車掌の灼けた熱い身体に 

なんだかぎゅっと

抱かれるような重さを感じた高架線・・・・

駅員さんのウェストのラインってのは

なぜ なぜ みんな 

あんなに締まりがあって美しいんだろう・・・・。

ああ、ああ、手を、まわすよ。いいかしら。

くい くい くい

 くいの くいの くいん。