駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

2008-09-21から1日間の記事一覧

車掌ひとりが濡れている

大きな金属製の車体から飛び出している、たったひとつの柔らかき、もの 銀色の京浜東北線から、 首、車掌の、首、そして、頭、 それは、たったひとつの柔らかき、もの いま、ひそやかに扉を閉じ、進行方向を指差した、 たったひとつの柔らかき、もの 車掌ひ…

今後の活動予定など

曇りの空の向こうには、赤い星がまたたく。 ・・・JR東日本の駅員さんが、上着着用になりましたね。 やっぱり、上着の駅員さんは尊く、美しいです・・・・。 グレイの柔らかい情景と、赤い旗の鮮烈な輪郭のコントラスト、曇り空の下、そっと見つめていました…