駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

アーティストの展示即売会「NO WAY MANIACS」

twitter.com

2021/12/26

NO WAY MANIACS初参加でしたが、無事に終わりました。

(主催の森さんの上記ツイートでくわしくみられます)

 

売り上げも、たいへんめずらしいことに、黒字でした。

お買い上げくださった皆様には感謝です。

おそらく、ビギナーズラックというか、わたしが「東京フリマ日記」で書きましたように、はじめてフリマに出る品物には「初めてオーラ」があり、よく売れる・・・そんな現象だったのかもしれません。

 

f:id:miya_ma:20211228085903j:plain

参加のきっかけは・・・

 

9月に出演させていただいた「危機裸裸チャンネル」のSiSeNさんやKiKiさんが参加している大田区の販売会というので、近所ということもあって、たしか夏に見にいって・・・

 

大田区の施設なのに、DJが参加しているとのことで不思議な音楽が流れているなあ、エッジ効いてるなあと思ったりして・・・

 

参加してみたら?とすすめられ、なんとなく申し込んでから、「・・・これは、チョット大変なのでは・・・わたしでいいのかしら?」なんて思ったりしたものです。

 

f:id:miya_ma:20211228001315j:plainかけじく!売れなかった。

 

申し込むときに、なんとなく「古物商コース」で申し込んでしまいました。

それは、退職してからずっと家にひきこもりがちの夫が、「小学校の頃、骨とう品やのオヤジになりたかった」と言っていたので、それなら骨とう品やのオヤジをやってくださいな・・・という感じで、軽い気持ちで申し込んだのでした。

 

しかし単に古物といっても何かコンセプトが必要だなあ・・・と思って、自分が持っているインドネシアの雑貨を売ろうということにしました。

ジャカルタに住んでいたので、親が買った木彫りの箱などがあったのです。

 

古物コースはブース代がお高いのですが、そのぶん机が2個もらえます。

180センチの机が2個・・・というのは、相当な横の広さです。そこでオリジナルコーナーも作ろうと思って・・・たまたまそのとき事務所に酒を持ってきた青条さんに声をかけて、イベントにも来てくれることになりました。

 

そうそう、会場は事務所の近くなのですが、途中で仕事で抜ける必要があったのでした。

それで青条さんには留守番をお願いしたのでした・・・

 

そんな行き当たりばったりでひどいブース主で申し訳なかったですが、青条さんの詩集も、インドネシアコーナーも、売り上げがそれなりにあって、良かったです。

 

あと、絵描きの仲間の不忍池絵ハガキが売れたのが、ことのほか嬉しかったです。

絵ハガキはBASEでも取り扱っており、友人に「他人の絵ハガキ売るよりまっちゃんが駅員を描いたほうがいいよー」と笑われましたが・・・仲間の絵はとてもやさしい絵で、個人的に好きなんです。以下の販売サイトで見てやってくださいませ。

 

383.thebase.in

最後のほうで、さりげなく松岡のCD(EG区)も売れて、ほっとしました。

やっぱりCDが売れるのって、うれしい。しかも、わざわざ買いにお越しに来られるなんて・・・。

秘密の差し入れもいただきました。おもしろいけど公開しにくい(なんなんだ)。

 

販売会っていいものですね・・・本当にありがとうございます。

 

 

壮大な荷物を抱えて設営して・・・仕事で抜けて、また戻って・・・という感じだったので、あんまり周囲をまわる余裕がなかったのですが、どこどなく魅力的で危険なブースが多かったです。

KiKIさんの「棺体験」とか、「きのこアート」の作家さんとか、猫に関連するグッズ、天然石など・・・。(囲ってある危険コーナーもあった・・・行きたかったな)。

文芸もありましたが、グッズ、アクセサリー、同人誌、などなど、個性あふれる品物が多く、デザインフェスタを思い出しました。

 

f:id:miya_ma:20211228090458j:plain

 

あまり家庭のことを書くのは気が引けるのですが(すみません)冒頭に書いた、ひきこもりがちの高齢者である夫ですが、事前にNO WAY MANIACSの動画などをみて研究したらしく、家から謎の置物や十字架や聖書を持って来て売ってました・・・

 

インドネシアと関係ない(笑)

 

あと、武田信玄の掛け軸なども・・・掛け軸は看板のようにみえて販売品に見えなかったようで、売れませんでしたが・・・。

 

それで、こういった販売イベントに不慣れな夫でしたが、それなりに売れたり、ルネッサンスの話で盛り上がるお客さんがいたり、とにかく、とても楽しかったようです。

 

ほんとうに楽しかったようで、いま別居しているのですが、ずーっとラインで芸術論や美学の話を書いてきます、どんどん・・・どんどん・・・

 

こっちは返事してないのに・・・どんどん・・・どんどん・・・

インド美術、ヘーゲルの美学、ラテン語の聖書、アジアとヨーロッパのこと・・・

 

わたしにゃわからない・・・

 

誰か歴史マニアのお話をきいてあげてください。

 

ともかく、ひきこもりがちの高齢者が、販売行為を通じて仲間に出会い、昂奮してしまって、ちょっと大変ですが、元気が出たようです。高齢者にフリマ、案外、楽しいのではないかな・・・そんなことを思いました。

 

そんな楽しい思いをさせていただいた主催の方々、仲間の皆さま、隣で見守ってくださった青条さん、ありがとうございました。

 

f:id:miya_ma:20211228090749j:plain

 

荷物がすごくて、やっぱりわたしは肩や腰を痛めてしまった気がします。いててのて。

ちょっと無理しすぎたかしら。養生します。

 

ところで点滴夜行リミックス版がサブスクリリースされました。

これで年内の仕事は終了かしら、よかった。

 

big-up.style

関心ある方はきいてみてください~。

 

ではではおやすみなさい。

 

宮崎台のおがくず

f:id:miya_ma:20211222235206j:plain

そこは田園都市線(通称デント)の各駅停車しか止まらない駅「宮崎台」

 

渋谷に注ぎ込む新しめの路線であるデントは東急電鉄を代表する路線で

この列車に乗ると通勤地獄を思い出すのだ

 

そう、制服の群舞、急病人の乱舞、美しい地獄のことを。

 

この日もさわやかな朝の風を受けながら宮崎台駅を歩いていたのだった

もうラッシュの時間を過ぎてまっすぐなプラットホームは広々としている

(苦の花は咲け 制服のなかで咲け 桃色に)

 

あたたかな日差しに冬風も穏やかで色とりどりのベンチが花壇のように並んでいた

そのたくさんのベンチは急病人の多さを感じさせた

 

きれいで安全なはずなのにこの路線を歩くと何か地面がぱかっと開いて

地獄に落ちてゆきそうな気がするのです

 

(苦の花は咲け 制服のなかで咲け 桃色に)

f:id:miya_ma:20211223002143j:plain

なんて平和な冬の日

郊外の美しい街を擁する宮崎台の駅を歩いていたときに見てしまったのだ

おがくず

おがくず

またおがくず

歴々 面々 おがくずの 山を

かずかずの おがくずの 山を

それは人型の死体の跡のよう

かずかずのおがくずがくすんでいたのだ

そこに 風!

オガ!

と通過列車

この世界でもっともはげしい通勤列車はデント線

・・・誰かの感情が時空を超えてリバースする、多摩川に向けてリバースする、いや、ノロなのか、ノロノロなのか、朝のラッシュ時はノロノロ走る各駅停車、いずれにぜよ、子どもは見てはいけません、おがくずはなんでもありません、制服の群舞、急病人の乱舞、美しい地獄のことなどを、子どもは知る必要などありません。

 

綺麗な言葉で嘘をつきつづけてきた報いがこのリバースの嵐なのだ

嘘ばかりついてきた誰かの本当の言葉がそこにあったのだ

 

あふれんばかりの乗客の過ちのかずかずを駅員が優しく葬り去ってゆく

 

(クズども!

 

・・・おがくずで優しく葬り去ってゆく

 

f:id:miya_ma:20211223002506j:plain

 

酔った自分も自分じゃないのかいBy駅員

f:id:miya_ma:20211218140838j:plain

令和になってからのここ数年、社会不安をあおるような事件が多い気がしますね。

 

単なる過失を超えた、ひとのこころの黒い部分をみてしまうような、そんな事故・事件が・・・。

 

社会全体が貧しくなっていることと無関係ではないようで、自分にできることは何だろうと考えてしまいます・・・

できることはなんだろうか・・・

いや・・・

わからん・・・(結論早い)

 

わからん、が・・・

決めたことは、セールスの方々(電話も)と、対話をしようということです。

愛のこころと素敵な言葉で生きてゆこうということです。

セールスの方々と人間として対話が出来たらと願います、うっかり契約をしないようにがんばって、それでも心からの言葉を使って、会話を、対話を、できればと思うのです。

 

それは、寒風に立つ、年末年始の紺色の働き者、駅員たちのような、心の姿勢。

 

駅員はいつもそこにいて気持ちの流れを整理している、狂の一文字の、酒の一文字の、あふれる気たちの、ご乗車案内、お届の、案内を・・・。

 

年末、ポスターの並びが面白かった。

 

f:id:miya_ma:20211218142113j:plain

「手が出たのは、酔っていたから? 酔った自分も、自分じゃないのかい。」

 

「・・・君のことばが、胸に刺さって抜けません。」

 

説得調でどこか優しさの感じられる駅員の言葉。風に舞うが消えてゆかないひとひらの落ち葉のように、わが精神につきささる・・・どんな自分も自分じゃないのかい、そうだわ・・・そうなのだ・・・駅員のあの白くて長い指先も、駅員の、一部なのだ、しかも、精神性のこめられた・・・。

 

ひとのこころの悪に立ち向かうとき、顔と体には「さすまた」を用意するのだが心と頭脳には暑くて冷たい辞書のようなものが込められているのだ、それは指先にも、帽子のひさしにも、そうなのだ、そうなのだ、駅員とはそのようなものなのだ顔はコワイが。

 

 

ところで、事務所に来られる紳士方の靴下に穴が開いていることも多かったので

ご寄付頂いた古着の売り上げで紳士靴下を買いました。

写真は、だいぶ貰われたあとなのですが。

 

f:id:miya_ma:20211218140854j:plain

比較的喜ばれているような気がします。

 

何が喜ばれるか、わからないものですね。

 

しかし・・・めるかりで売って・・・・めるかりで買って・・・

結局めるかりを儲けさせているような気もする。

めるかり売れるのですよね・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20211218141055j:plain

 

ところで、松岡宮の音源等を販売しているBASEが15%引きクーポンを出しています。

よかったらブログの読者の皆様も、この機会に松岡の世界を知ってくださるとうれしいです。

 

383.thebase.in

 

音源が売れるのって、本当にうれしいですね。作家は作品そのものなので・・・よろしくお願いします。

 

こんなふうに、音源等、BASEでも販売していますが、

12月26日(日)の奇才のマーケット「NO WAY MANIACS」にて販売ブースを出します。

f:id:miya_ma:20211218141016j:plain

 

なぜかインドネシアみやげに気合の入ったブースとなります。

購入者は無料のおみくじを引けるようにしようかと思います。

 

f:id:miya_ma:20211218140842j:plain

f:id:miya_ma:20211218140845j:plain

f:id:miya_ma:20211218140847j:plain

日時は2021年12月26日(日)10時50分~16時20分

場所は「大田区民プラザ」下丸子駅すぐ、です!(新丸子ではない)

 

松岡は10時50分~12時15分、15時30分~16時20分(最初と最後)しかいられませんが、DJシセンさんのプレイもあるかと思いますし、奇才のアートマーケットということで個性豊かなブースのかずかず・・・エッジィで面白いですのでぜひお立ち寄りくださいませ。

 

 

アシナガバチのお家が強風で落ちた・・・。

 

f:id:miya_ma:20211218140858j:plain

餌付けしよう・・・。

f:id:miya_ma:20211218140901j:plain

 

風よけも作りました。

 

いきのびろ、メス軍団、クラッシュギャルズ・・・・。

 

この地平に生きるすべてのいきものが冬をうまいこと乗り切っていただければと願います。

 

 

絵描きたちのエア忘年会

f:id:miya_ma:20211213003402j:plain

街もクリスマスらしくなってきました。

コロナ禍でにぎわいが例年ほどではないかもしれませんが、仲間のなかには忘年会を行ったりしている方も増えてきました。

 

わたし自身はフリーランスなのであまり忘年会の予定もなく

静かな年末ですが、

事務所に絵描きの流れ水さんと詩人の青条さんが同時に立ち寄ってくれたことがあったので、何か、豪華な食べ物、お鍋とか、ケーキとか、七面鳥とかをごちそうをしようと思いました・・・

 

絵で。

 

f:id:miya_ma:20211213003659j:plain

・・・お客さんに出す料理を描いてるから待ってね・・・。

 

出来たわ。

f:id:miya_ma:20211213003813j:plain

めしあがれ・・・

 

自分でいうのもなんですが画力が上がってきました・・・いやそんなことはない(笑)鍋がまずそうです(笑)。

 

青条さんが自分で作ったというウィスキー梅酒を持ってきてくれました。

ごろりごろり。

梅がおいしそうです。

しかし・・・わたしは体質的には飲めますが、ふだん酒を飲まないように品行方正に暮らしているので、大島弓子「夏のおわりのト短調」の蔦子おばさんみたいに暴れそうになりました・・・

なにしろ、だって、酒は狂わすじゃないか・・・

ひとの理性を狂わすじゃないか・・・

きれいな言葉で覆い隠していた本性のようなものが酔っ払ってさらけ出される・・・

それだけは避けなくてはならないのだ・・・

いやだ 

みせたくないものがあるのだ この家には・・・・

酒を

避けなくては!

f:id:miya_ma:20211213004336j:plain

大島弓子「夏のおわりのト短調」より)

 

・・・というのは嘘で・・・美味しくいただきました・・・

ウィ~

飲酒すると精神的にはトロッとなり、とげとげしさがなくなり、人格が円満になるようです。

いつも酒を飲んでいる方が人間関係がよくなりそうですね・・・

 

だが、それではだめなのだ。

 

f:id:miya_ma:20211213004631j:plain

これは「東京フリマ日記」にも描かれた、清掃工場の煙突のある風景です。

すべてがごみになるというのに、創作を行う人は作り続けるのです・・・。

 

ああ。鉄道に乗りたい。

思えば今年は通勤先がほとんど新宿で、東急線ー新宿、の往復しかしていない気がします。

さすがに12月ともなれば上着を着た駅員たちがみられ、気持ちも引き締まる思いです。東急にメトロにJR東と・・・それなりに楽しい鉄ライフですが、渋谷までだと短いし、ほかの路線にも乗ってみたい・・・

来年こそは、京成や東武にも乗ってみたいものです。

鉄道にはロマンがあります。

通勤のときに、居眠りしたり、駅員さんとすれ違ったり、読書したり・・・電車内とは貴重な時間だと気づいたのです。それで、少しだけ通勤の長いお仕事をしてみたいなと思っています。

 

在宅ワークにも恵まれているのに、ぜいたくな悩みですね・・・。

 

 

雑色の七辻

f:id:miya_ma:20211208002855j:plain

これが有名な七辻交差点。

 

雑色(ぞうしき)の近くには「七辻」という、ようするに七差路があります。この交差点に注ぎ込む道が多くて大変・・・もちろん信号などないので・・・車来ないか・・・大丈夫か・・・きょろきょろしながらわたります。

車よりも自転車が怖い感じですね。

この反対側には、なぜか塩村あやか先生のポスターを張った八百屋さんがあったり・・・道が7本ということは、かどのお店も7軒か、7辻をすべて写真に収めるのはなかなか難しい・・・。

 

道を間違えないように、わたしの小さな自転車は、美容院へ・・・・。

 

先日、危機裸裸商店のYoutube番組に出演させていただいたご縁で、危機裸裸ヘアサロンで髪を切っていただくことになり、自分で40代最後の写真を撮ってほしいとお願いした(・・・ヌードかぃ!?)・・・それなのに、「髪をやってもらうならぐしゃぐしゃでもいいだろう」と思い、もじゃもじゃ頭をなびかせ自転車でこの七辻を超えて、あれやこれや迷いつつ、なんとか たどりついた・・・写真の自分の髪が、全体的にごしゃごしゃで・・・反省。美髪がんばる。

 

あまりおしゃれでないわたしのヘアカットは、10分カットとか1000円カットとか、ほんとうに数センチ切るだけの適当な感じでしたが、このときは時間をかけて丁寧にカットしていただきました。

 

年を取ると、髪を減らしてはいかん!!と思うあまり、すっきり「梳く」という選択をしなかったのですが、さすがに髪が重たかったようで、減らしたほうがいいですよと言われ、髪の内側とか、耳の後ろとか、すっきりしてもらいました。

アフターがこちらです。

f:id:miya_ma:20211208003313j:plain

ずいぶん、すっきりしました。

おろしても軽い感じになって、とてもいい感じですね。

これからヘアケアもがんばります。

 

自転車で帰宅・・・の途中の寄り道。

f:id:miya_ma:20211208004347j:plain

帰りに、ちょっと京浜蒲田でコーヒーでも飲もうかな~と思って、自転車を置いてうろうろしていたのですが、混んでるタリーズを横目に、なぜかファミマのイートインに入ることにしました。

 

からあげとコーヒーを買って、コンビニらしい、急すぎる階段を上がると・・・

むうっ!とした雰囲気。

 

びっくりすることに、満員。

 

中年男性ばかりで、みんな一人客。会話などは無いのですが、なんかすごい緊張感が漂っていました。

窓が開いていてよかった。これで窓が閉まっていたら、もっと圧がすごかっただろうなあ・・・。

 

コンビニのイートインというものが、こんなにもお客を集めている、なんておどろきでした。

 

そういえば最近、近所のイートインで、コンビニの店員さんが、外国人と思われるお客さんに、

「ことば、日本語、わかる?

ここは、買った人の、席!」と大声で怒鳴っている現場を見たことがありました。

 

そのときはずいぶん高圧的な言い方をするんだなあと思いましたが、それだけ、お客ではない人など、いろんな人がイートインを利用するようになっているのでしょう。

イートインは小さなアゴラ。

孤独な魂が集まっているうちはいいがその魂が衝突してぶつかるとき大江戸大火災となる・・・。

 

街はふしぎね。椅子と机があれば、もうそこは居場所。

 

f:id:miya_ma:20211208004337j:plain

帰りは道塚商店街でお惣菜を買ったりもしました。

 

地域の小さなお店を大事にすることが、その地域を大事にすることなのだと思いつつ・・・なかなかいつもそういうことができているわけでもありませんが・・・できるときにはお買い物。

ひさしぶりのお惣菜はとてもおいしかったです。

 

 

12月7日のアシナガバチはこんな感じです。

雨の降る前に撮りました。

f:id:miya_ma:20211208005113j:plain

風をよけるように、巣の裏側で、固まっています。

しかし、数は減ったものの、相変わらず集団のまま、減る気配がありません。

 

・・・みんな女王様なのかな?

 

みんな主役の権力者、あたしが、あたしが、あたしが!!

 

・・・気になるのは、巣の傍に適当にいくつかおいておいたガムシロが、ひとつだけ減っていることです。

f:id:miya_ma:20211208005214j:plain

 

これは・・・飲んでるかも・・・。

 

ガムシロを飲んで栄養たっぷりで、このままここで冬眠するのではないかという気もしてきました・・・い、いいんだぞ、ここで、冬を越しても・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20211208094322j:plain

 

在宅ワーク中心ですが、たまには出勤もしております。

在宅ワークも、Spotifyを聴けて、いいものです・・・なぜか最近、精神が上向きで、ウッキウキしてます、あぶないかな?

 

自分もまた音源制作したくなりました。

 

松岡の音源、聴いてくださいませませ(↓)

383.thebase.in

 

12月の蜂

f:id:miya_ma:20211202152900j:plain

12月に入っても数は少ないながら住み続けているアシナガバチ

 

寒い朝に、みんなで固まって、防寒というか防風なのかもしれません。

 

そんな中に、こっちをにらみ羽を広げる勇ましいメスがいます・・・女王様なのかもしれません。

 

あるいは、女王を守るために、寒い中、シフトの廻ってきた警備員なのか・・・。

 

こんな小さな虫たちでも、じゅうぶんに役割分担していることが伝わってきます。

命を生き抜いて、ただ生きて、生きて・・・

えらいわ・・・。

 

f:id:miya_ma:20211202153239j:plain

12月になりました。ちゅんちゅん。

 

今年は本当にスズメの学校での非常勤講師のコマが増えて多忙でした。

 

講義は準備にとても時間がかかります・・・

昨今のようなオンライン講義ならば、なおさら締め切りが前倒しになり、締め切りがいくつもあるようなイメージで、スケジュールはびっしり、気が抜けない日々で、大変でした。

 

でも学生さんからのフィードバックに、確かな手ごたえも感じました。ちゅんちゅん。

 

来年は、講義は少し減る予定なので、創作に向けられることを期待しています。

 

といいつつ新しい仕事や、新しい学びも増えてきそうな予感です・・・。

 

がんばるぞ~。

 

f:id:miya_ma:20211202153749j:plain

 

12月26日日曜日、上記イベントにて、インドネシアの土産物などを販売します。

 

インドネシア!?なぜ?

という感じですが

さいころ住んでいたので、木彫りとかバティックとか、いくつかあるのです。

 

Spotifyインドネシアのヒット曲を聴いていると、自分の音楽の、繰り返しの多いトランス感あるパターンや、アジア調の明るく不思議な音階などは、インドネシアの音楽の影響を受けているかもしれません。

 

南方系(?)の自分にとっては、しょうにあっていた国であり、食べ物とか好物ばかりで・・・・自分はアジアンだな~と自覚します。

 

ものとしては以下のようなものがあります。(これ以外にも少しありそう)

 

f:id:miya_ma:20211202154258j:plain

f:id:miya_ma:20211202154301j:plain

f:id:miya_ma:20211202154252j:plain

f:id:miya_ma:20211202154255j:plain

箱は空き箱です!バティック貼ってある!

木彫りなども、ひとつひとつのものにも、魂がこめられている気がします。

 

あとは手芸品とかですね。

以下のような、自作のナチュラル枝リースも販売するかと思います。

f:id:miya_ma:20211202154350j:plain

ここにいろんな飾りをつけていただくための、未熟なリースなんです。

 

BASEでも販売してますが枝ばかりでおもしろいですね。

 

383.thebase.in

 

 

12月26日のNo Way ManiacsではZINEや音源も販売します。

 

松岡宮の音源は5種類です、ぜひコンプしてくださいね。

 

残り少ない2021年、笑顔いっぱいで過ごしたいと思います。

 

自炊に全財産をかけよう(大げさ)

f:id:miya_ma:20211126233639j:plain

雨漏りの妖精を描こうと思ったのだが・・・。読書の好きな高校生という感じになった。

新宿駅の雨漏りをみて、あまもりさんという妖精を連想したのでした。

もう少し、自分のなかでイメージを詰めてみます。

 

11月も終盤ですね。

相変わらず講義準備に追われている昨今です。

講義の準備をするためには、本をたくさん借りなくてはいけません。

また、借りたら返却しないといけません。

 

そんなわけで

自由が丘周辺には奥沢図書館(世田谷区立)や緑が丘図書館(目黒区立)があり、よく途中下車して図書館に行っております。

 

自由が丘駅東横線大井町線の2線が使えて、駅周辺は2本の線路で4分割されているかのようです。

そんな自由が丘の駅、ちょっと複雑で、いまだに道がわかっていない・・・。

駅員さんは冬支度と思いきやときどき半袖の方がいらっしゃるのが東急って感じです。

 

f:id:miya_ma:20211126233706j:plain

自由が丘駅を降りたら、客引きの女性がたくさん駅前の通りでビラを配っていて、

ああ、にぎやかだなあ、コロナがひとまず収束しているのだなぁ・・・と実感しました。

しかし、コロナ前も、そんなに女性の客引きは、いたでしょうか?

にぎやかだけど、

どこか不安な雰囲気を、むりやりに、イルミネーションで覆い隠している、かのような、自由が丘。

 

 

このところ、自分自身も不安や不信に包まれてしまうときがあります。

いま、自分が感じているのは・・・

大きな枠組みや道筋、レールがあって、

そこからはみ出すともう生存すらあやういような・・・

息苦しさ。

 

世界は面であるいは立体で

線上からはみ出た余白の部分にこそ世界を生存させる要素があるのに・・・

 

線と線の間にこそ生活があるのに・・・

 

面を織りなすゆとりがなくて

最短距離で役立つ人にならされる若者たち

きずな。

ただしさ。

1+1=2。

線だけで生きてゆこうとする痩せた世界で

ちょっとでもはみ出たら捨てられる・・・

捨てられたものたちでいっぱいの街。

(非正規雇用は使い捨ての部品みたいね、わたしもそうなんですよ)

リサイクル本でいっぱいの、わが部屋。

・・・しんぱいするな、読んでやる、から。

 

 

自由が丘という町は、自分にとっては近くて遠い町です。

自由が丘から奥沢に行くのに 迷子になってしまった・・・いかん いかん 自由通りを探せばいいのか・・・。

スマホのマップで やっと探し出す自由通り。

こころはちょっと 不自由です。

 

f:id:miya_ma:20211126234245j:plain

 

イルミネーション、きれい。

なんとか苦労して坂をのぼって奥沢にたどりつき、本をポストに返却できました。

そうなんです、さいきん、あちこちの図書館で、リサイクル本がおいてあることが多いですね。

読む時間なんて無いのに、いつも、たくさん、もって帰ってきてしまう・・・。

 

しんぱいするな、あなたには価値がある、読んでやるから、待ってな。

 

f:id:miya_ma:20211126234435j:plain

1冊、1冊の本は、とても立派。

いちどは流通に乗り、図書館に買われた、美しい顔をした本たち、が、シールをたくさん貼られて、もてあまされ、無料でもっていって良い・・・そんな扱いを受けているのは、心がいたみます・・・。

 

世の中、積読でいいとか、積読が肯定的に、ユーモラスに語られるのですが・・・本の立場になったら、積読は悲しいと思う・・・

 

なんて、わたしの部屋も、積読もいいところですが・・・。

 

今年わかったことは、「デジタル化したほうが読む」ということでした。

 

スキャンは手間暇かかりますが、Canon9530で頑張ってスキャンしておりました。

使い込みすぎたのか、だんだん、スキャンエラーとか頻発するようになったのと、

A3までスキャンできるスキャナが欲しいなと思って・・・

 

買っちゃいました。

 

f:id:miya_ma:20211127000949j:plain

サンワサプライの400-SCN025というやつでしょうか。

大きい!

でも、重さはそれほどでもなく、わたしでも運搬できる重さです。

スキャン速度が速い!!!ここ重要!!感激しました。

しかし・・・うるさい(笑)

でも、満足です。

 

そして、CanonのTR9530にはADF機能があることを知り、リサイクル本をバラして、いろいろ実験してみました。

紙質にもよりますが、どうやらカッティングが重要な気がしてきました。

 

そんなわけで立派なペーパーカッターも買ってしまいました。OH!

 

・・・あんまり悩みの少ないわたしも、最近、残りの人生の過ごし方とかに悩んで、

まだ結論が出たわけではありませんが・・・

 

ともかく

 

自炊に投資しよう

 

と 思いました。

(料理の方ではない・・・)

 

仕事を少し減らして・・・たくさんの本を読みたい。孤独な魂があれば 話しかけたい。

そんなことを思う週末でした。

 

f:id:miya_ma:20211127005939j:plain



 

アルバム「点滴夜行」のリミックス・リマスタリングバージョン、BandCampにてリリースしました。

 

miyamatsuoka.bandcamp.com

 

フルコーラス視聴できますので、ぜひ聴いてみてくださいませ。

 

サブスクも申請していますが、たぶん審査で落ちてしまう作品も出てくるかと思います・・・。BandCampは審査がないので・・・ありがたいです。

 

わたしは自分の作品が好きです。

作り手として、ずっと作品を作り続けて、幸せだなと思いますし、そんな自分を誇りに思っています。

作家は作品の世界に生きており、作品がすべて・・・

良かったら作品の世界を、知っていただけたら嬉しいです。

 

年明けから少し仕事も収まってきますので、作品をどんどん生み出してゆきたいなと思います。←脳内にはあるのだ・・・。

 

温泉旅行なんかも行きたいですね~。

 

どうかコロナが収まっていますように。