駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

新緑の新宿のまばゆさ

f:id:miya_ma:20200607210805j:plain

そんなわけでお仕事で通っているのが

新緑の新宿

キラキラ眩しいのはウィルスか 

(大切なものは 目には見えないんだよ・・・王子が言った・・・)

コロナ感染者が多いとやり玉にあがっている日本一人間が多いまち

南口も 西口も 確かにそれなりの人出があって

地下道で足ばやにすれちがう人々には仕事をしている活気もみられる

手をつなぐ若いカップルもたくさん

今年流行りのゆるめの服に身を包んで

タピオカ屋さんも行列が出来ていた

なんだかコロナウィルスの危険などここには来ないかのように

生きる喜びが感じられる

新緑の新宿

おまわりさんも この街でこの人生を生きているという感じで

予測もできない未来の1日が終わる

 

f:id:miya_ma:20200607211124j:plain

先週からお仕事が以前のように戻ってきて多忙な日々でした。

 

あまりの時間のなさに、音楽を続けることに悩みも生まれましたが

やっぱり 自分を生かしてくれるものは表現活動なので・・・

詩や音を作り続けないと具合が悪いので そこを優先しようと思いました。

でも、こんなご時世にお仕事が多いのは本当にありがたいです。

 

 

f:id:miya_ma:20200607211610j:plain

 

若い頃はあまり夏が好きではなかったのですが

年を取ると、夏は過ごしやすくていいですね。

(寒いのがだめ)

(暗いのもだめ)

草木を育てはじめるとちょっとした成長がうれしい。

自分はできるだけ身軽に小さく生きられますようにと願います。

吟遊詩人として一生をまっとうできそうな気がしてきました。

 

f:id:miya_ma:20200607211921j:plain

これも、もらった服です。

ダークな色の服ばかり買うので、こんな明るめの服は自分では買わない気がするのですが・・・案外似合うぞ(??)

 

いまとってもライブ活動や作品制作が恋しいです。

新作もあれこれと作りだしています。

今年、ライブも1回くらいはあるのじゃないかな、吟味しておりますところです。

 

音源、聴いてくださるとうれしいです。松岡の活動の支えを、どうぞよろしくお願いします!

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD
 

 

miyamatsuoka.bandcamp.com