駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

渋谷駅埼京線ホームが近くなりました

ほかの線から遠くて乗り換えに不便だった渋谷駅のJR埼京線ホームが

近くなった!

 

というので

仕事の経路をJR経由にして変えながら 見てきました。

 

何しろ ずっと大田区ステイホームしていたので・・・

都心に出るのも 久しぶり・・・・。

 

東急多摩川線では感染を気にしてソーシャルディスタンスを守ったりしておりましたが

東急東横線に乗り換えたらけっこう混んでいたので・・・

もうなんかいいやと思ってしまったり・・・もちろんマスクはしておりましたが・・・・

どうしても人とふれあってしまうので だんだん コロナのことを忘れそうになる自分がいました・・・

気にしてたら 通勤できない・・・。

 

ただ、30cmくらい窓をあけてあり たまたま ほどほどに暑い日でもあったので風が気持ちよかったです。

 

久しぶりに乗って 電車っていいなあと思いました。

東横線は横浜の風を都内に届けてくれます・・・ハマ風か。いや換気してるから都内の風か・・・。目黒区の風か、いい風だ。

 

そういえば

埼京線ホームがなぜ 渋谷駅で遠くに作らざるを得なかったのか・・・

それは東急東横線があったから という話を読んだことがあります。

2013年に今の場所に移るまで 東横線ホームが渋谷駅の乗り換えに便利な場所にあったのでした。

 だけどいま 東急東横線はヒカリエの地下あたりに移動し、かつて東横線がいた場所に埼京線が移ってきたのですよね。

 そう、山手線のとなりという、すばらしい立地に。

 

その東横線ですが、地下化して、すっかり乗り換えが不便になったというイメージがついてしまいました。

井の頭線乗り換えが多かったわたしは いつも荷物を担いで・・・

乗り換えに階段を使うこともあって 乗り換えるだけで足が疲れておりました・・・。

 

でも工事と変化を続け、便利になる渋谷駅。

東横線ーJR山手線とか 東横線ー銀座線は だいぶ 乗り換えが 良くなりました。

 

・・・で

 

・・・ 井の頭線は・・・

 

まあ・・・

 

足が鍛えられるよね!

 

さてそんなわけで

東横線の地下ホームから スクランブルスクエア横のエスカレーターで登って 

いざ 埼京線ホームへ向かいます。

 

久しぶりのJR渋谷駅ホームに入ったとたん 

駅員ポスターの痛い洗礼を浴びました・・・。

 

洗礼というより「手洗え」ですが・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20200602235243j:plain

 

左の黒ジャケットの男性、仮に「手い」さんと呼ぼう・・・手いさん、は、駅員の服を着ておりますが、ぱっとみて駅員という感じがしません。

普通のサラリーマンのよう・・・

動きが小さめで、指の動きの控えめな感じ。

もう降参してますと伝えたい感じ。

わたしの知っている、JR東日本の、あのギラギラしたネクタイや襟のゴールドパイピングがありません・・・

この5月より制服が変わってしまったからです。

この制服も、むしろ色味はきれいなのですが、あの独特のキラキラ感は少なくなった気がします。

シャツの色はブルーで、エンブレムがなければ普通のサラリーマンのシャツのようです。

 

なんとなく、右の方の方が駅員っぽさを感じますね。

駅員オーラを感じます・・・

強い手の動き・・・

僕の腕に飛び込んでおいで!

なんて 書いてありませんが・・・

ゆあ~~~~~~はんず!

字のきたなさ、いや、迫力が、すごいです。すごい、すごい。

・・・ハンズと書くと東急を連想させるので カタカナで書かないのでしょうか・・・。

うーん 達筆すぎて すごいな・・・好きです。

 

「手い」さんより「はんず」さんが気になってきた!

 

f:id:miya_ma:20200602235220j:plain

おまけもどうぞ。

さりげなく防犯カメラが狙っていますが・・・ポスターを守るためでしょうか、そんなに高級なポスターなのか?

 

 

話がそれた・・・埼京線の話でしたね。

 

 改札を超えればすぐに見える 新し気な表示案内に導かれ、埼京線に向かいます。

 

いつみても感じるのは・・・「相鉄線」の「なぜ君がここに」感・・・

まだ相鉄線が都心に来ることに慣れません。

 

f:id:miya_ma:20200603001422j:plain

 

ホームはこんな感じ。とても普通の JRのプラットホームという感じでした。

 

f:id:miya_ma:20200603001435j:plain

・・・ここが 東横線のホームだった、のかな・・・・?

 

あまりに雰囲気が違うので 東横線があったことが 信じられません。

ここは 普通の JRの ホームだ・・・。

川越や 宇都宮まで 行っちゃうような・・・ごく普通の電車のホームだ・・・。

 

f:id:miya_ma:20200603001512j:plain

埼京線ホームから 山手線ホームを望んでいます。

たしかに並列してますね。

 

ホームからみえる 銀座線やヒカリエで 今いる場所がわかります。

f:id:miya_ma:20200603001447j:plain

m字の丸い屋根で 銀座線だなあと わかります。

 

f:id:miya_ma:20200603001457j:plain

左から、ヒカリエ(東急線)、銀座線、スクランブルスクエア、埼京線、そして右には見えないけれど山手線。

 

相鉄線直通のアナウンスに 新鮮な驚きを感じながらも、何か、あまりにさりげなく、ずっと昔からこの場所にいたような埼京線のホーム。

 

「僕は・・・ずっと夢見ていました・・・この、偉大なる埼京線のホームが 山手線や銀座線に近づき 中心的なプラットホームとなることを・・・乗り換えをする乗客のみんなに疲れる思いをさせずに乗り換えが出来るようになることを・・・何しろ僕は偉大な埼京線のホーム、湘南新宿ラインにも乗れちゃうし 宇都宮にも行けちゃうぞ★ああ、東横君、この場所は良い場所だね 渋谷の新鮮な情報がビンビン入ってくるよ・・・東横君、これからは君の椅子に僕が座るからねっ!

 

たった7年か もう7年か・・・。

東横線がこの場所にいた思い出をすっかり忘れそうなので

自分のアルバムのなかから 2013年ごろの東横線渋谷駅ホームの写真を

引っ張りだしてきました。

そうしたら、あまりに今と違うので、驚きました・・・。

 

f:id:miya_ma:20200603001531j:plain

え?

こんなに何も無かったでしたか・・・。

 

たしかに 思い起こせば 渋谷のこっち側(東側)は メインではない気がして あまり来なかったかもしれない・・・。

ヒカリエが出来てから カフェに行くにも こっち側に来るようになったような気がします。

 

f:id:miya_ma:20200603001543j:plain

東横線ホームから外をみたところ・・・。

けっこう接近して併設している歩道橋がみえる・・・

歩道橋・・・

あ、ありましたっけ・・・?

 

f:id:miya_ma:20200603001600j:plain

もうこのホームの終わりごろなので 写真を撮る人も多かったですね。

しかし、くどうようだが かまぼこの隙間からみえる歩道橋・・・

きっとたくさん歩いたはずの場所。

 

悲しいですけど、自分の実感として、もう思い出せません。

 

その後の渋谷の思い出が 多すぎるのかもしれません。

 

f:id:miya_ma:20200603001523j:plain

同じような場所にホームがあるといってもこの東横線ホームとは ずいぶん違うようにみえます。

こちらは、屋根があるから、薄暗くて 天井のあたりに不思議な模様があって ちょっとおしゃれな雰囲気があります。

「渋谷から横浜へ。」

東急東横線は 今よりもはっきりとした輪郭を持っていた気がします。

2013年に皆さんに惜しまれ無くなった東横線渋谷駅ターミナルホームは

本当に特別なオーラのある場所だったのですね。

副都心線西武線東武線と繋がって、東横線も便利になりましたが

「渋谷から横浜へ」

という強いイメージのあった東急東横線のルーツは このプラットホームにあったのかもしれませんね。

いま、この社会状況のなか、窓を開けて換気してしまう電車で横浜の風は渋谷に届かない。

だけど東横線の誇りはあの頃のまま。

 「埼京線くん、僕の住んでいた場所に来たんだね。ねえ、渋谷のすべてが感じられる、いい場所でしょう?」

 

渋谷のような都会が、都会ぶりをなかなか発揮できないのが、このごろの社会状況ですが・・・

静かに変わり続ける渋谷をずっと見つめ続けてゆきたいですね。

 

埼京線のホームが便利な場所に来たということは、東横線から埼京線へのホームも近くなったということで、これからますます埼京線湘南新宿ラインを使うような気がします。

 

行きたいな 西へ北へ。

 

鉄道ソングもありますよ♪ CDよろしくお願いします♪ 

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD