駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

東急五反田駅管内からのメッセージ

f:id:miya_ma:20200519001445j:plain

東急の「頑張れイケタマ」プロジェクトでは、

池上線と多摩川線の駅員さん乗務員さんの手書きメッセージを紹介してくれています。

 

イケタマというのは「池上線」「東急多摩川線」のこと。

この2線は、東急の花形である「東横線」「田園都市線」と比較して、距離も短く、急行などもなく、地味なのですが・・・

意外に乗客は多くて、地元密着で地元に愛されている路線です。

 

しかし、コロナウィルス感染拡大防止もあり、東急としては乗ってほしいところなのに

乗客の安全のためにステイホームを訴えてくれています。

 

・・・制服を着た駅員さんが 家にいましょうというのは 幾重にも矛盾した行為で

そんな矛盾が起きているのが 

いま なのだ

通常ならざる状態・・・

非常事態だ。

 

f:id:miya_ma:20200519001753j:plain

最後の4行が心を揺さぶります。

 

これこそが詩だなと・・・

 

この言葉の背後に いったいどれほどの情報量が含まれているのか・・・

 

そして

「玄関駅」のひとことに わずかなプライドも含まれている五反田駅・・・

描かれているのは目黒川の桜でしょうか。

五反田に向かうとき、背の高い池上線・・・。

 

それにしてもこのシリーズが心ひくのは

駅員の手描き文字

が 堪能できるからかもしれません。

 

上の 五反田駅長の文字も どこかたどたどしい感じが 

人間らしい なまなましい感情を呼び覚ましてくれますね。

 

適当に 駅員さんの文字を みてみましょう。

 

f:id:miya_ma:20200519003011j:plain

 

いきなりですけど この方は絵が上手い!!

鉄道と現状をからめた短いヴァースに心が動きます・・・。

制帽!

上着

手袋!

絵が上手い!

うしろに蒲田ゆきの列車!

全体的にグリーン味のある写真、素敵ですね。

 

・・・文字の話じゃなかった。

 

f:id:miya_ma:20200519003158j:plain

女性的な、綺麗で線の細い字の駅員さん。

蛍光だけど派手過ぎない色や飾りも優し気で綺麗ですね。

なんとなく女性駅員さんかと思ったら男性だった・・・。

 

f:id:miya_ma:20200519003309j:plain

ポスターが、いわゆるポスター印刷で・・・

その境目にあったのが この お写真・・・。

きっと綺麗な字だろうなと思うのですが指輪ばっかり目についてしまうが・・・ポスターの境目なのでピラピラして 綺麗な文字がかわいそう・・・。

 

はい、頑張ります。

 

f:id:miya_ma:20200519003500j:plain

・・・黒いマジックがなくなったのかな・・・・。

 

やさしさがしみてくる文ですがあやうく見逃してしまうペンの色でした・・・

 

・・・駅員さんも頑張っているよ、ありがとう!

 

f:id:miya_ma:20200519003627j:plain

 

・・・コメントにこまるが・・・わざわざ2色で塗っており気合を感じます。

 

f:id:miya_ma:20200519003721j:plain

・・・今こそ手を取り合おう!・・・

いいわよ いいわ・・・

でもね・・・

 

それは、濃厚接触・・・っ!!

 

 

・・・そして、ポスターの駅員たちの写真集をみていて、ウッディーな旗の台駅のバックがみな同じ写真であることに気づきました。

 

よくよくみれば、旗の台駅の写真と駅員写真が合成のような色合い・・・

 

・・・旗の台駅だけヴァーチャル背景で、駅員が自宅で制服に着替えて撮っているのか・・・

 

と 

いっしゅん思ってしまいましたが

そういえば旗の台駅には旗の台駅の巨大な写真パネルがあったのでした・・・その前で 撮影していたのですね。

 

以下の写真で パネルだと わかりました。

 

f:id:miya_ma:20200519005428j:plain

 

・・・パネルの前で撮ったことを隠そうともしない適当さが、いい!

 

イケタマという地味な路線だからこそ・・・この自由度の高い詩のかずかずが、よい!

 

小さな支部が自主的に楽しんでやっている感じが伝わってきて・・・おもしろい!

 

・・・じつは家人のかかりつけの病院が旗の台にあり・・・あの大病院だってばれそうだが・・・入院したときは毎日通っていました・・・・

お見舞いって、ちょっと疲れるときもあった・・・

だから旗の台駅は少し苦手なのですが 

これを思い出すと楽しくなりそうです。

 

ありがとう駅員。

 

以上、五反田駅管内一同でした★

 

蒲田もありますが、解像度がいまいちですみません。

 

f:id:miya_ma:20200519003816j:plain

f:id:miya_ma:20200519003902j:plain

 

「自炊上手になりました♪」ってのがなんかいいなあ。

ポジティブさ、大事ですね。

くどいようですが駅員さんの肉筆・手書き、というのが、とてもよい感じを与えてくれます。

一致団結・みんな一緒、は・・・やはり、濃厚接触を感じますが・・・でもそういう思いが大事ということですよね。

これを書いている時点で 東京の新規感染者は10名 

このところ目に見えて減ってきており

東京に住むわたしたち みんな 駅員に逢いたくても駅員に逢わずにがんばってることが 結果に出ているのかもしれません。

 

駅員というのは、どの個体も同じような正確無比のロボットみたいなものだと感じるときもありますが

やっぱり人間であり・・・

ひとつとして同じ駅員はない!

ひとつとして同じ筆跡はない!

個性のある、ひとりの人間なんだなあと 

感じますね・・・

そう、親もいれば、家庭もある、あの、指輪の輝きよ(しつこい)。

 

電車を楽しめる日が来ますように もう少しだけ ステイホーム がんばります。

 

miyamatsuoka.bandcamp.com