駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

外出自粛・アルファ米・お尻洗い

f:id:miya_ma:20200328225914j:plain

都知事の自粛要請をうけて あまり人と逢わないようにしています。

 

ほんと、

届けてくれるお弁当も

Amazonのお品も 

ポストのチラシも

みんな みんな 感染しているかもしれない・・・なんて思うと

怖くなってしまいます。

 

なにより 元気いっぱいの自分ですが すでに感染しているかもしれないし・・・

ひとまず いまは 濃厚接触しないことが

世のためだと思って

家か事務所で・・・あまり人と逢わずに過ごすようにしています。

 

f:id:miya_ma:20200328230046j:plain

もともと それほど人に逢う仕事ではありませんでした。

 

メールなどでやりとりする仕事もやっているので

そちらはかわりなく仕事が来て 日常に戻されます。

 

メールなどでのやりとりは 

いつもと同じか それ以上か・・・

誰かと話したいって方も いらっしゃるようですね。

 

しかし

仕事ではZoom会議も出来なくてはいけないことになり

もう配信の時代だなぁと 実感です。

 

いくつかキャンセルになった会議や見学があって・・・

そのぶんできた時間で

英語の字幕付き動画をみて 勉強しています。

英語への拒否感が やっと薄らいできた気もします。

 

でも

最初はTEDの講演だったのに

さいきん Youtubeの「きかんしゃトーマス」になってしまった・・・

 

きかんしゃトーマスを0.75倍速で字幕付けてみても まだまだ英語がわからないわたしですが・・・

 

ソドー島の駅員さんはかっこいいということがわかりました!

 

トーマスにトビー、

パーシー、ヘンリー、ゴードン・・・

みんな大事な 仲間です!

 

f:id:miya_ma:20200328230432j:plain

外出自粛ということで自宅にこもらなきゃいけない・・・

ライフラインが止まるわけではないので

何か不思議な非常事態モードになって 

ひとり災害対策本部

ちょっと的外れな対策をしています。

 

これは ふと思い出した 3.11のときに夫が買った アルファ米

お水を注ぐだけでご飯が食べられる、非常食です。

・・・賞味期限が2014年だったけど・・・・

・・・わたしがつくると 実験器具みたいで まずそうですけど・・・

・・・この中に野菜炒めとかマヨネーズとか紅ショウガとかぶっこんで混ぜて食べたのですが・・・・画像自粛・・・

なかなか 美味しかったですよ。

 

五目御飯なので 味があるのが よかったです。

 

 

f:id:miya_ma:20200328230615j:plain

これは

ペットボトルにつけるタイプの ハンディウォシュレット。

 

にぎって、局部にぴゅー、ですよ、奥様!

 

まだお風呂でしか 試していませんが・・・

 

・・・冷たかった(ー_ー)

 

お水の温度が 大事らしいことが わかりました・・・・

冬は厳しいだろうなぁ・・・。

 

ペーパーの節約に・・・なればいいが・・・

 

・・・しかしわたしは何と闘っているのだ・・・災害とも 違いますよね。

 

f:id:miya_ma:20200328230742j:plain

 

当たり前だと思っていた日常が うしなわれてゆきます

 

対人的な当たり前が 特別なものになってゆく

ライブハウスで イベントに出たり

たくさんの人で逢ったり 歌ったり

教室で教えたり教わったり 

自助グループで集まったり

にぎやかなフリマで声をあげたり

道端でたこ焼きなんか食べてみたり

そんなことが 出来にくくなるなんて 思いもしなかった・・・

 

でも 

もともとあんまり人と会うことや人混みが好きでなかったわたしは

自宅で自分の好きなことに没頭できるそんな好機かもしれないなあと

ポジティブに 考えるようにしています・・・

 

「おこもり」の時代。

 

時代は配信だと思ってもなかなかなじめなかったですけど・・・

自分の生活のなかで配信が当たり前になれば

いつも ひとりきりではないという感覚が生まれてきますよね。

 

ネットでつながるということが

これから もっともっと 意味を持ってくることでしょう。

今日は たくさん Youtubeチャンネル登録してしまいましたが・・・

ばくぜんとしていますが 

何か 人助けが できたらと 願っています。

 

www.youtube.com

 

ここをお読みの皆様も どうぞお体 ご自愛くださいね。

おやすみなさひ。