駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

東京メトロのマスク駅員

f:id:miya_ma:20200218103839j:plain

都内で地下鉄移動をしたら

東京メトロの駅員がみな マスクだった

(警備員はそうでもなかった)

 

f:id:miya_ma:20200218110009j:plain

 

 

駅乃みちかのポスターの影響で

もう 食べてるイメージしかない元気いっぱいの紺色の制服が・・・

少し 儚いものを包んでいるように

みえてくる・・・

f:id:miya_ma:20200218110021j:plain

 

だけどやっぱり東京メトロの駅員は強いもの

深い地下で培養された特別な強い生物体

しゅっとしたスタイルで

歩くと風が、しゅっ という

いざとなったら呼吸をしないで24時間生きていられるメトロの駅員かっこいい

銀色に輝く皮膚をもち

素材はプラスチック

マスク駅員の皮膚はつるつるとして呼吸をしない

駅の仕事という言葉の広い意味をまとめて束にして擬人化したように

みえる

二人連れの駅員が 長い通路を歩いてゆく

彼らの長身は わたしのはるか 後ろにいたが

勢いの良い早足はすぐにわたしなど追い抜かし

しゅっとしたスタイルで

歩くと風が、しゅっ という

そして都会を渡る風となる

 

f:id:miya_ma:20200218110156j:plain

 

東京はこんなふうに強い駅員たちがいるから素敵な街

忘れ物だって戻ってきます

観光客が戻ってきてほしい

いつの日か

地下鉄1日きっぷで あちこちめぐってほしい

FもZもGもMも

お待ち申し上げております

 

f:id:miya_ma:20200218110122j:plain

・・・多摩の秘境のはなしは また こんどね。