駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

「行き先はちょっと海老名が合言葉」・・・なのか?

f:id:miya_ma:20200120004736j:plain

 

「行き先はちょっと海老名が合言葉」・・・

 

そんな合言葉きいたことがありません・・・

 

というわけで

前の記事の続きですが

羽沢横浜国大駅から

海老名まで 行ってみました。

f:id:miya_ma:20200120004909j:plain

何が言いたいんだ・・・

そんな言葉で検索しないから絶対!

そんな言葉で検索しないから絶対!

・・・

何が出てくるんだろう・・・

・・・・

我慢 がまん・・・

 

f:id:miya_ma:20200120005010j:plain

終着駅・海老名に向かうとき

高架道路を超えるとぱーっと広がる小田急の車庫が好きです

小田急という電鉄のパワーを感じます

 

車庫にならぶロマンスカーやスマートな小田急

広大な車両基地

西陽を受けてまぶしく輝くシルバーの車体は

厚木育ちのわたしには なつかしく思えます

 

時を超える小田急

 

こんなにも心を惹かれる小田急・・・・

 

いかん いかん

いま相鉄に乗っているのだった・・・

 

f:id:miya_ma:20200120005302j:plain

厚木や海老名からみえるこの稜線

すぐ大山丹沢とわかる非対称なシルエット

緑濃い神奈川県の・・・

たぬきにいのしし 山のふるさと

やっぱり 懐かしい

 

3年前父が厚木で倒れてすぐ逝ったときにもよく乗った相鉄

父の墓がある厚木大山

いそがしかったねえ

でも今思えば自然の多さに癒されていた

1月末から2月の晴れた日の多さに救われていた

父の遺骨と片づけの実家に寝泊まりしても怖くなかったのを思い出す

父を思い出す相鉄線

 

やっぱりちょっと 呼ばれたのかも

 

f:id:miya_ma:20200120005511j:plain

 

相鉄の海老名駅ホームに埼京線ですよ!

 

こんな列車が 海老名に停まっているなんて・・・

 さ い た ま が き た

驚きですね。

 

 ち か ん お お い の ?

 

・・・それは

    連れてこないで・・・。

 

f:id:miya_ma:20200120011445j:plain

 

終着駅らしく片側にしか改札のない海老名駅

この30メートルの移動は・・・

かけこみ乗車には 大打撃でしょう・・・??

 

わたしも「改札から遠くなったな・・・」などと・・・意外に大きな変化だなあと思いました。

 

f:id:miya_ma:20200120005519j:plain

海老名・・・

って

神奈川県民でないとわからない街かもしれませんが

海老名市はイケイケドンドンなイメージ

海老名を盛り上げましょう

海老名を盛り上げましょう

行き先はちょっと海老名が合言葉!

などと

事実ねつ造!

しかし、たしかにわたしが厚木人だったころは地味だった海老名駅

こんなふうにわりと栄えています・・・。

 

駅ビルの名は・・・・

 

 ビ ナ。

 

・・・だじゃれか・・・。

 

 

 

 

 

f:id:miya_ma:20200120005530j:plain

ヨコハマネイビーブルーの列車。

帰りに乗りました。

写真でみるより重厚で、内装も黒っぽくてたしかに普通列車とは違う威厳を感じました。

駅員たちも以前の明るい色ではなく

ダークネイビーに変わり・・・

そのシルエットはヨコハマのしおりみたいにスリムで

2ボタンにサイドベンツ

シウマイひとつの味わい

ずいぶん

かっこよくなってしまいました・・・。

 

f:id:miya_ma:20200120005539j:plain

 

そうにゃんLINEスタンプ。

 

動くそうですが、

 

下の方、おならしてるの・・・?

 

 

f:id:miya_ma:20200120005557j:plain

そんなわけでとてもすばらしくなった相鉄を実感しました。

 

都心直通の威厳をもって、わが大田区をみごとに通過しながら、日々その存在感を増していますね。

 

日吉とつながる日が待ち遠しいです。