駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ヒカリエとなりに銀座線(渋谷)

f:id:miya_ma:20200108001424j:plain

 

東横線の改札の案内が変わった・・・

 

いままで 銀座線は JR線や井の頭線と同じ方向にゆけと案内されていた気がするし

実際、JR改札の真ん前にあったのが

銀座線ではなかったか・・・

それが、右にゆけ、だなんて・・・

ヒカリエのなかを通れといわんばかりの

動線の動き方・・・

何があるのか?

 

f:id:miya_ma:20200108001620j:plain

 

ヒカリエを出たら こんな案内を持った方が立っていました

ベクトルを飲み込んで左へゆけ!

人間であるより前に矢印であるのだ、銀座線の、ほうへ、導く堕天使なのだ・・・

そんな堕天使の矢印をみて、

この先のどこに 銀座線への動線があるというのだろう・・・

 

 

思ったら・・・

 

f:id:miya_ma:20200108002437j:plain

 

・・・すぐ隣だった!

いやーびっくり・・・ヒカリエのすぐ隣の地上に、銀座線改札口ができたなんて・・・。

f:id:miya_ma:20200108002649j:plain

飾りもなく

広告もなく

ほんとうにシンプルに 漢字を大事に表現していることにも感銘を受けました。

渋谷の真ん中(いやちょっと東よりか)に、どどどん!と銀座線の文字。

東京メトロとも書いていないのか・・・

まあ渋谷の時点で 地下にいないし・・・

そして通り過ぎて 振り向けば チューブの中を走る黄色い電車・・・

みて、みて、ぼくをみて!日本で最初の地下鉄なのさ、華やかなイェローで新年を飾るのさ、そして空まで飛べるのさ・・・。

 

f:id:miya_ma:20200108002939j:plain

f:id:miya_ma:20200108003211j:plain

振り向けば銀座線のチューブの向こうにスクランブルスクエア

建物いっぱい、どどんがどん!

令和2年のお正月は

ドドンガドン!と大きなものに埋め尽くされた

外国の方でいっぱいの渋谷

それでいて日本語が大事にされるようになっている渋谷

英語がおしゃれなわけではなかった

もう自分の育った昭和末期の渋谷ではない

弱いものを救う機運は消え失せて強くたくましく元気じゃないと生き延びられない

変わりゆく渋谷

 

それにしてもスクランブルスクエアのディスプレイの形は

木綿のパンティーみたいね・・・

模様がころころと変わる 健康的な木綿のパンティー

 

東急は・・・

紐パンティーみたいですよね・・・

むちむち。

f:id:miya_ma:20200108004012j:plain

 

恒例の原宿クロコダイル「ウクレレエイド」でした。

着物+帯は二重太鼓で、ちょっとがんばりました・・・いま着ないと着る機会もなさそうですから・・・

作品は「矢口渡」「危ない相模大野」「テクノお祭りマンボ」やりました。

2曲目だけ意味不明(笑)

でもやっぱり1番ウケますね。

自分でもニヤっとしているところ(↓)

f:id:miya_ma:20200108004611j:plain

みなさんのパフォーマンスもよかった。

特に高校サッカーのテーマソングをウクレレで静かに弾くとか

紅白とは関係なく偶然竹内まりやカヴァーをした方など

自分の耳になじみのある曲が多くて楽しかったです。

 

いつまで出させてもらえるかわかりませんが、

クロコダイルの15分のステージ

コラボなどしたい方はお申し出くださいね。

f:id:miya_ma:20200108004846j:plain

1月19日、蒲田の事務所の15分の発表会も

発表枠、若干あります。

ただのお客さんも大歓迎、500円で粗末なもの(たぶん鍋)を食べましょう。

飲食持ち込み歓迎です。