駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

偉 人 魯 迅

f:id:miya_ma:20191207221617j:plain

仙台の城跡には魯迅の像がありました

 

魯迅・・・

 

器を手掛けた美食家の・・・

いやいや それは魯山人・・・

 

魯山人ではなくて・・・

 

ピッチャーが滑り止めに使う・・・・

いやいや 

それはロージン・・・

 

ロージンじゃなくて・・・

 

 

f:id:miya_ma:20191207221746j:plain

思い出した…教科書にありましたね・・・

しかしどの小説があったのかは覚えていませんが・・・

調べてみたら「故郷」・・・?

しかしやはり覚えていないなぁ・・・

 

記憶の奥底に沈んだ国語の授業が、いま、この旅の先の仙台の地で、つながるのが、

不思議です。

 

誰でもなかった記号の魯迅

こんな、3Dになって、銅像になって、さわやかな秋の空の下、現れた・・・。

 時を超えて・・・故国の危機に胸をいため・・・

 

f:id:miya_ma:20191207222347j:plain

カモは熟練した絵描き

感性と経験からなる何気ない動き

生命体の絵筆は遅れてやってくる

キック キック 落ち葉をめがけて

スピードを上げて また回転し

画家の絵筆は遅れてやってくる

水面を描き切る そのストローク

風の色にも 似て

混色の絵画を城址長沼のおもてに 描き続ける

 

f:id:miya_ma:20191207222535j:plain

青葉城跡の長沼という沼が、西洋絵画の沼のようで、美しかったです。

人がいない

文字がない

何もないけれど冬に向かう自然のすべてが

林と丘にしまい込まれて

ふと宝物のように 顔を出す。

仙台はそんな、しずかな街。

 

最近、自然の多いところにあこがれます。

 

仙台は、よかったなあ。

ずんだ&萩の月、ダブルで購入しましたよ、美味しかった。

またいつでも行きたいものです。

 

 

f:id:miya_ma:20191207222816j:plain

ぬいぐるみの型紙、試行錯誤中です。

 

 

今後の出没予定です。

12月15日(日)

10時~14時 西蒲田フリマ

16時~20時 高円寺・北中夜市

不思議な手芸品などのほかCDも販売します。握手だけでも・・・よろしくお立ち寄りくださいね。

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 出版社/メーカー: インディーズレーベル
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD
 

 

3月にライブあるかも・・・・。どうかよろしくお願いいたします。