駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

JR東日本の制服が変わる

www.yomiuri.co.jp

 

JR東日本の制服変更というニュースにはおどろきました。

 

でも 新しいデザインを見た時、

小田急のときほど 

ショックはなかったです・・・。

 

王者・JR東日本らしく 鉄道員らしい華とカッコよさがあります。

しかし 何より驚いたのは、 以下の部分です。

JR東日本サイトのPDFより)

 

f:id:miya_ma:20191009003727j:plain

 

  1. ★女性のリボンタイおよびスカート廃止
  2. ★男女が同じ条件でネクタイを選ぶ
  3. ★男女が同じ条件で帽子を選ぶ

 

・・というふうに 女性の制服が男性に近づいていることに びっくりしました。

 

毎日新聞のほうでは

はっきりと「性差をなくすことを意識した」

書いてありますね。

 

深沢祐二社長は「男女の性差をなくすことを意識して決めた」と説明する。

mainichi.jp

いままでも 駅員ポスターなどで

JR東日本は 女性もイキイキ描かれていて

女性もバリバリ活躍しているんだろうなあと思っていました。

山手線に乗れば女性の乗務員も多く

りりしいお姿を拝見することができました。

ただ制服がいかにも女性らしいと、可愛いなとは思うのですが

男性駅員のもつ あの厳しいカッコよさとは違うなと

思っていました。

「性差をなくす」

と明言するのはとても勇気のあることだと思いますが

支持したいと思います。

 

 

鉄道って時代の流れのなかで意外と変化が速いなと思います。

路線が増えたり

切符からSUICAになったり

急行と有料特急が出来たり

乗り入れで経路が変わったり・・・

10年前と比べても変化がはげしい・・・

そして鉄道員の制服もまた変化が激しいものだとあらためて実感しました。

駅員のイメージもイコンも生き物であり時代を映し出す鏡のような制服なのですね。

 

今のチャコールグレーの制服も大好きですけど

新しい制服はダークネイビーということで

青み系が復活するのでしょうか。

これを機に首都圏鉄道会社の制服に色みが復活するのも

楽しいかもしれません。

 

期待しちゃいましょう。

わくわく。

 

(↓)すごい昔の写真です。

f:id:miya_ma:20191009012708j:plain