駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

川崎に住む友達から

 

川崎に住む友達からの便り

心細さが文字からにじむ

「猫が今夜は帰ってきませんでした」

天気予報も雲行きがあやしく

強い雨が降ると気象庁がいう

風がぬるい

すぐ返事を返すことはしない

数時間後に返事をすることにしている

「こちらではケーキを食べています 美味しい」

川を挟んでいるけれど

大田区はあなたの寂しさの雨雲には関係ありません

といった風情で

降りだす雨にあわてて洗濯物を取り込みながら

架空のケーキについて思いを巡らせ

笑顔を差し出す

f:id:miya_ma:20190903224543j:plain

さびしいと声をあげ

力弱いシンカーを投げる人の分量に対して

それを受け止めるミットを持ったキャッチャーは少なすぎる

大田区の川べりから川崎を見ている

さびしい さびしいというフライが

弱弱しく 打ちあがる

 

f:id:miya_ma:20190903224803j:plain

だけどわたしは川崎が好き

大きなふところを持っている川崎が好き

モアーズはいつもデデンと立っており

ブクオフ ダイソー サイゼリヤ

1階2階にはゲーセンもカフェも

お安く時間を過ごすお手伝いをしてくれる

深い治療なんてしませんよと偽医師は言った

108円で楽しめばそれが治療

モアーズもっともっとモアーズ

やっぱりモアーズが好き

なんだかんだと 立ち寄ってしまうから・・・

 

f:id:miya_ma:20190903225239j:plain

川崎には京急が似つかわしい・・・

東急ではなく京急が走っている街だから・・・

潮の香りに満ちている

東急川崎駅、なんて、想像が出来ないだろう・・・

さて 

川崎からの京急といえば

本線以外にも大師線が出ている

大師線に乗って2駅

鈴木町にあるヨーカドー&ブクオフのコラボはすごい

ので

行ってみた

川崎駅から港町ー鈴木町

わずか2駅の

京急の旅 です

 

f:id:miya_ma:20190903225547j:plain

味の素の大きな社屋があります。

小さな駅の構内に踏切があります。

行ったときは閉まっていましたが、たぶん社員さんのための?改札みたいなものがありました。

海にかなり近い場所でしょうか。

ここまで来ると都会の喧騒を離れ・・・という雰囲気もあったりします。

 

ヨーカドーの中にはかなり大きなダイソーがあって

あまりお客さんがいない中で、ダイソーだけはにぎわっていました。

印鑑ケースを買いましたが

2本入るタイプがなく

1本タイプか、5本タイプしか、なかった・・・。

名字を5つ持っている人よりも名字を2つ持っている人のほうが多いと思うので

ダイソーには 今後 2本タイプを作っていただきたいものです。

 

遠くで馬のいななきを聞いた気がした。

今夜も競馬場に灯りがともる・・・。

その華やかな寂しさも 京急に 似つかわしい・・・

そんなものに

そんなものに

心慰められることもある

ああ

動いているものがある

 

f:id:miya_ma:20190903224024j:plain

東京湾岸 風が吹けば

さびしさが生まれる

さびしさが たくさん生まれる 

それらが わだかまり 空に浮かんで渦巻いて 雨雲になって雨を降らせる日には

川崎に住む友からメールが届く

「猫は どこに 行ったのでしょうか」

おなかがすいた猫は どこに 行くだろうか?

そういえば 思った

新品のものを買うことがなくなってしまった

リサイクルのお店ばかりになってしまった

猫は 自分の居心地の良い場所に行こうとするものだ

メールの文字を受け止めるとそれはずしんと重いタマだった

ケーキは一緒に食べればいい

今夜もゆっくりと返事を書くことにする

今日もメールをありがとう

川崎が好きなので 今日も川崎に行って 漫画を買ってしまいました

たぶんそうやってそばにいたのですね

雨の日だって 風の日だって

あなたも わたしも