駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆2019/8/31昼@小岩オルフェウススタジオ◆9/1夜・原宿クロコダイル◆9/15夕方学園坂スタジオ(一橋学園)

それはどちらかといえば難しい街で

f:id:miya_ma:20190331205221j:plain東急駅員ポスターより。

 

美しい時代へ!

 

・・・というのは東急のキャッチフレーズであります。

 

あした 平成の次の時代の名称が 決まりますが

時代の列車は

どこへ 向かうのでしょうか・・・。

 

昭和より平成という時代に生きた方が長いのに

まだ

なぜか 平成になじめないまま 終わってしまう感じです

美しい時代に なるといいですね

 

f:id:miya_ma:20190331212643j:plain

花冷えの日曜日。

 

東急多摩川・青空個展てづくり市に、事務所仲間たちと参加しました。

東横線・かつての目蒲線(いま目黒線多摩川線)の・・・かつて「多摩川園」といった駅ですが・・・見ての通り、あまり 賑わいが無いことで 知られています・・・。

 

このブースはかなり駅前だったのですが

ぼろぼろで閉まったままの店舗の跡が見える・・・

こんなにぼろぼろで 植木鉢の山をおいて・・・

雑草を育てるための植木鉢。

それでよかったのか、君は。

ずっと

ずっと

こんな感じの街。

さびしい街。

宗教の施設だけが大きな建物なの?

また遊園地の街になることを夢見ているの?

買い物にも困ってしまう街。

 

東京都のはじっこ となりは神奈川県

多摩川の リバーのそばの 小さな駅です

 

f:id:miya_ma:20190331213405j:plain

「僕はもう骨ですから 肉も文字もありませんから」

看板の部分が骨だけになって錆びていても 

もう そのままで 放置する街。

「これは別にアートプロジェクト作品ではありませんから」

いじめにあった青年の心の傷はなかなか癒えない

そして らくがきも そのまま・・・

うちのブースを守ってくれている青条氏がフードをかぶればあっという間に不審人物に

みえてくる・・・yo!

ここの住所地は田園調布

言わずと知れた高級住宅街

上品な住宅街と言いたいところですが住宅もあまりなくて

何があるというんだろう

しずかだ

しずかだ

「美しい時代へ」向かっている東急沿線のこの街で

「音を出すのは禁止です」

ここには何があるんだろう

ここには何があるんだろう

管理されないものはない

スタバもマックもありませんが公園と川がありますよ

あっ古墳もね

東京都のはじっこ となりは神奈川県

多摩川の リバーのそばの 小さな駅です

 

f:id:miya_ma:20190331214019j:plain

 

道端でものを売るということを繰り返して

街の空気 雰囲気みたいなものに敏感になったかもしれない

感じなさいと 風が吹いてくる

また やむ

空気がよどんだときはトイレに行って流れを入れ替える

願いをかなえたいときは叶えるボタンを押しすぎてはいけない

背中を向けていると売れる・・・こともある

そしてこの街は といえば・・・どっちかといえば難しい街。

禁止事項の多そうな街。

歌を歌ってはいけない街。

考えすぎかもしれないのだけど 

やる前についつい 考えてしまう

自由すぎる振舞いには クレームが来るかもしれない

あまり自由にものごとを受け止めていただけないかもしれない

怒られちゃうのよ

大田区って。

 

f:id:miya_ma:20190331215634j:plain

とかなんとか 書いてますが とても 楽しい時間でした。

事務所関連の仲間たちに来ていただき 色とりどりの文字が並んで

とても 華やかでした。

よい仲間に恵まれていることに感謝するばかりです。

 

売り上げも そこそこ・・・かな?

 

だんだん ものを売ることに 慣れてきたかもしれない

ものを売るときは いいものを売っているという気持ちが大事

パッケージが大事

一目!で分かる何かが大事

揃っている感じが大事

お店の美しさが大事・・

 

わかっているのですが・・・なかなかできないこともありますね。

 

f:id:miya_ma:20190331221140j:plain

着物に帽子+手袋って 台無しですね!

みなさん ありがとうございました。

 

よい新年度が迎えられそうです。