駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

駅員さんは亡霊退治

f:id:miya_ma:20190317003204j:plain

かかとが タン!

駅員の右足が不思議なステップを踏み始め

踊り出す右手の白い手袋

扉が閉まった瞬間にくるり廻ってくるくる廻って

蝶の予感

<なにか おかしい>

駅員がそんな動きをしたら

それは 亡霊退治をしているのかもしれません

タン タン かかとがタン!

駅員のボディより少し大きめサイズの制服をまとった姿

りりしいシャツのその隙間から入り込む

余計な昆虫!

亡霊を

退治しているのかもしれません

 ・・・駅員につきまとう 目には見えない 風のかずかず 羽のかずかず

 

f:id:miya_ma:20190317003348j:plain

・・・ああ

 ひとはどうして 目の前にないものに 悩まされるのだろう・・・・

いや 駅員にとってはひとつの現実

昔のことも 昨日のことも 今のことも 未来のことも・・・

・・・・ああ もう・・・

悩みやすい駅員は

みずからを断ち切るように

大きな声を上げた

・・・電車まもなく発車しますー!

駅員は人間としての属性のいろいろなものを断ち切って

ますます立派な駅員に

なろうとしている

かかとが タン!

 発車しまーす。

 

f:id:miya_ma:20190317084843j:plain

 この写真は蒲田の事務所ですが

この事務所ではじめて ひとり芝居と詩の発表会をささやかに催すことになりました。

若干名を募集しますが

またツイッター等でお知らせしますね。

 

もうすぐになってきました。

3月21日(木)APIA40の、鉄道ライブ、稽古してます。

ここをごらんの皆様にぜひ、ご覧いただけたらうれしいです★

20時から出演、1500円+オーダーです。

f:id:miya_ma:20190306004042p:plain

 

 ♪