駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

針葉樹の駅

f:id:miya_ma:20181213092418j:plain

 

秋の洗足池の、横っぱら・・・。

秋って季節そのものが 横っぱらみたいだね・・・

こっそり変化して、ある日突然がらりと違う顔を見せる・・・

 

あなた、こんな感じだっけ、不思議な顔を見せる秋のともだち。

 

四季のあるこの国は、いそがしい。

 

森が、みずうみが、木々が、いそがしい、もちろん、鳥も、動物も、みんな、先取りして支度しないと、生きてゆけない、大変な国。

急激に寒くなってきたここ数日、

みんながつぶやく、南にゆきたい、南の国にゆきたい・・・

 

 

f:id:miya_ma:20181213094801j:plain

 

・・・でも冬の駅員さんサイコーだからこれはこれでいいじゃん!!

とも 思った・・・

 

こがらし200号 山手線はE235系

 

冬の駅員は

その端正な黒い制服で寒さを吸い取り

けがれなき白い手袋で

都会の闇を吸い取り

針のように厳しい

森のように優しい

 

厳しい世界の針葉樹のつよさで

いつもおなじ色をしてそこに立っている・・・

 

紅葉しない針葉樹の森が都会の駅だ

風も吹き抜け人もゆきすぎ

なびかない枝の葉の

針葉樹がひとを守るのが都会の駅だ

きびしい風を受けながら

少しだけ駅員のそばに立って

冬を感じていたかった

 

f:id:miya_ma:20181213100819j:plain

 

近況は・・・

かぜもやっとおさまり・・・長かったな・・・合併症の蓄膿症があったんだなあと思います。

 

松岡宮の音源、Amazonで購入できます☆

まずはここから・・・

ぜひ聞いてくださいね~。

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383

 

 

 

Astronaut No.9

Astronaut No.9