駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

チョッキ・ジャッキ

f:id:miya_ma:20180618094539j:plain

小田急に乗りたくてオープンマイクに行きました!?

ダイヤ改正から初めての・・・・トボリーノ・のぼりと!

快速急行がすべて停まる駅へと栄転し・・・

・・・小田原行きの快速急行が来るぞ!

・・・唐木田行きの快速急行が来るぞ!

喜びの声が伝わる 電光掲示板です

 

f:id:miya_ma:20180618095039j:plain

制服変更も 驚きでした

今回も・・・駅員はチョッキでした

チョットチョットチョット・・・チョッキ。

かなりの数の駅員さんが チョッキ!

わたしもときどき着ますが・・・チョッキって便利な面はありますよね・・・でも

チョッキを着ることで 雰囲気はガラっと変わるんだなぁと思わされました。

とりあえず、可愛い、おもてなしの、接客業的な雰囲気になりますね・・・。

女性の鉄道員さんにはよく似合う・・・

ふっくらした上半身と くびれたウエストによく似合うのかもしれません・・・というかバストのあたりを ふっくら見せるような印象を与えてくれます

男性の鉄道員さんは

ベストを着ていないと かつてからよく知っているあの小田急の駅員だ

駅員とは青く冷たいひとつの棒だ・・・

という感じなのですが

ベストを着ていると・・・

なんか ふっくら可愛らしいというか お人形さんみたいで・・・

色もまた 違うので 柔らかみをもたらし

チョッキひとつでほんとに変わる

まさに 接客業の華やかさを もたらしてくれます・・・

あなたは誰なんぞ?

わたしの知らない小田急駅員か・・・

という感じでした

チョッキ・ベストといえば都営だという印象だったのですが

小田急が流行の先端を走っているならば これから首都圏の制服に

チョッキが流行るのかもしれません

むしろ、京王や東急のほうが チョッキ似合いそう・・・。

f:id:miya_ma:20180618095814j:plain

 

そんなわけでオープンマイク@相模大野。

 

主催のよねやまたかこさんと、わたし以外は、男性でした・・・。

 

最近、自分が行くオープンマイクは、そんなふうに、おじさんがいっぱい、ということが多いです。

 

1)弾き語り主体のお店・お客さん

2)40歳以上くらいの男性が多い

3)くどいようだが男性が多い・・・

3)みんな歌もギターもお上手♪オリジナルソングも上手い♪

4)スマホからのオケ出力は・・・歓迎されない・・・オケをもちいたアクトは一段下にみられているなあと感じます・・・

5)数少ない女性はナビゲーターなど高い地位にある・・

6)すぐ すぐ 出演依頼をされてしまふ・・・

 

・・・・人口比からいって 40歳以下が少ないということも あるのかもしれません

たぶん どこかに 

若い方や 女性が集まる現場も あるのだろうと思います

おじさんはおじさんを呼びおじさんの集団のなかでとても楽しそうでみんなお上手

男性ってもっと一匹狼な生物と思いきや

社交的で仲間がほしい 集団のなかで生きたい・・・という男性も 多いのですね・・・・

 

女性が加齢すると 表現活動しにくくなるのでしょうか

自分がポエトリー&ミュージックで表現できているのは恵まれていますね

作品は

「水槽列車」「大田区ゆめのボブスレー

ありがとうございました

 

それで

小田急はいまやチョッキなのですが

チョッキといえばジャッキ!(←そうか?)

 

というわけで ジャッキ!

 

南武線のこのポスター、すごくよかった!

「だっせんしちゃったー たすけてー」

という電車を救うのも・・・

人、なんですね。

 

f:id:miya_ma:20180618101121j:plain