駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆2018/10/8(月祝)神楽音にて主催イベント!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

M3春ありがとうございました

f:id:miya_ma:20180429173900j:plain

道路の 大森 が ゲシュタルト崩壊 して います・・・

 

朝は9時過ぎに出発し

大森駅からバスで15分、

流通センター「M3」

暑い一日

無事に終わりました。

 

f:id:miya_ma:20180429175517j:plain

 

そういえば 昨年秋のM3は まったく売れなかったので・・・

もう

売ることはあきらめて

音を出せる、PLAYできるブースにして

ギターの蓮尾公基さんにお越しいただきました。

 

打合せゼロで・・・蓮尾さんには好きに弾いていただきました。

 

それで

今回はホントに 蓮尾さんに来ていただいてよかったと思うことが多かったです。

 

わたしが 姉にもらった 弾けないギターですが・・・

これ・・・

f:id:miya_ma:20180429180059j:plain

・・・ストラトっていうのですね!

名前がわかって

よかった・・・!

まだまだ そんなレベルです・・・

 

あと

最初は まず Eのコードを押さえてくださいと言われて、

中指 薬指 小指で押さえようとしましたが・・・

ぬおおおおおおおおおお 

小指がつる・・・

はっきりいって 届きません・・・

 

それは指の伸びの問題のようで

手が小さいので置けないのではなく 1年もやればできるようになる

とのこと・・・

 

あと

押さえていると左手の指が痛くて

指に弦のあとがクッキリついて 驚きましたが

これも やっているうちに 指の皮が厚くなる とのこと・・・!

 

これはすごいな・・・

弦楽器 すごいな・・・。

 

これをまじめにやったら 脳の地図が書き換わるだろうな・・・

うーん

弾ける方はほんとすごい。

 

f:id:miya_ma:20180429180628j:plain

 

蓮尾さんは小さめのアンプを持ってきてましたが

音量は十分。

 

小さいアンプ、なかなかいいものですね・・・ほしくなった・・・・。

 

M3は若い方が多いです。

平均値と比べればおそらくずいぶん年を重ねている自分など

そこにブースを出すのも 申し訳なく思ったりします。

 

若くかわいい女性が楽器を演奏しているのは いいもので

両隣に可愛い女性がいて嬉しい・・・と 蓮尾さんも言うやいなや、しっかりとその方々に話しかけていた・・・なかなか行動的!すばらしい。

そんなふうに若い女性が主体となる空気のなか

年齢を重ねた女性がブースを出すのも躊躇われる雰囲気もあるのですが

今回 わたしのことを

デザインフェスタで見ました」

文学フリマで見ました」

という方々が それぞれ いらっしゃり、

長くやるのもいいことだなあと 嬉しかったです。

 

f:id:miya_ma:20180429181509j:plain

平和島の・・・欲望に正直なお店?

 

自分ひとりだったらきっと心もとなかったと思いますが 

蓮尾さんの即興ギターに助けられて 楽しい時間でした。

売り上げもゼロではなく・・・

無料のカラオケCDも けっこう はけました。

 

無料のものでも 持って行ってくださるのは うれしいものですね。

 

ざわめきに身を任せるなか、気づきがいっぱいありました。

やっぱり わたしはM3に向けての 気合や 努力が 足りませんね。

もっともっと もっともっと 努力したり 頭をひねったり 考えたりする余地があります。

 

レイアウトや 計画性・・・

什器の購入や用意・・・

もっとちゃんと 努力しなくてはいけないと 反省しました。

 

今回、音を出せるブースで よかった。

ときどき ストリートで何かやったら?と言われますが

楽器のできないわたしが ストリートで何かを行うなんて夢物語だと思っていました・・・・

しかし なんか できるっぽい気持ちが 生まれてる・・・

何かが できるかもしれない・・・

やる気が ふつふつと 生まれてる・・・

こんな気持ちが生まれることが うれしい。

 

ずっと弾いてくださった蓮尾さんをはじめ

お会いした皆様 ありがとうございました。

またお目にかかりましょう~。