駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆2018/10/8(月祝)神楽音にて主催イベント!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

グンモーニン

f:id:miya_ma:20180302235053j:plain

この写真は・・・環八からみた新幹線。

 

大田区の名景だと個人的には思っていますが・・・・。

 

 

それとは関係ありませんが グンモーニン!

朝早くから夜までギッチギチの研修会・・・やっと終わりました。

朝のラッシュも懐かしく・・・

わたしがもうすこし社畜だったころ・・・朝はツライなあ・・・などと思いつつヨレヨレ通勤していたので

朝のラッシュに耐えられるかな?どうなることかな?と思っていましたが

思ったよりも快適に通勤することができました。

グンモーニン。

東急さん ありがとう。

各駅停車を選ぶだけの時間のゆとりが、精神のゆとりにもつながって、

自分の髪の毛のさきっぽのことを思いやれたり

周りの人のことを思いやれたり

空気のにおいを感じる余裕も出てくる・・・

危険のにおいもLOVEのにおいも・・・

ああわたしは社会のなかでそこそこ生きている・・・

グンモーニン電車!

「通勤電車が快適で楽だった」

なんて さ・・・

いや ダメだ ダメだ

このまま だんだん立派な社会人になってしまうなんて・・・

朝はやく起きて 電車に乗って・・・

研修会であたまゴリゴリされて・・・

すっかり牙を抜かれてしまう

なんて・・・

 

f:id:miya_ma:20180302235722j:plain

原宿タケシタ通りです・・・。

 

グンモーニン

東急の女性専用車は いちばん端っこにあります。

女性専用車とそうでない車両のさかいめに

駅員は立ち

「ここから先は男子禁制!」

というオーラを 全身から出していました。

おれがもっとも女性専用車両に近い男でなくてはならぬ・・・。

なぜならおれは特別な権力のある 「駅員」だからサ!

グンモーニン

朝の駅員は首から特別な金メダルを下げて

男子禁制の領域を

果敢に 守ろうとしていました