駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆2018/10/8(月祝)神楽音にて主催イベント!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

質の違う黒 きみの黒

f:id:miya_ma:20180212115017j:plain

オリンピックもはじまった2月の駅で

駅員の黒は夜の駅でますます輝く「駅黒」で

ほかの人の黒色とは少しだけ違う駅黒で

駅員はプラットホームを歩く人々と違うのだということを

繊維のレベルで見せつける

質の違う黒 きみの黒

黒なのにまぶしい駅員の黒

冬の寒い日にコートをはおらずくるくる廻る駅員の黒

遠すぎてしまったらそれは街灯の何気なさと同じなのだけど

立ち止まってしまったらまぶしくて目が離せなくなる

うつくしい駅員がそこでアイスダンスを舞うのを見ている

13番線にも14番線にも電車、到着しております

くるくる

北風に くるくる

酔っぱらいの人波に、くるくる

大都会の駅をアリーナにして

特別な黒さをまとった駅員が

終わらないアイススケートをしている

東京さいきん寒いじゃないか

オリンピックも始まりましたね

 

f:id:miya_ma:20180212115525j:plain

冬の駅員さんはやっぱりゴージャスね☆

元気に暮らしています~。