駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆2018/10/8(月祝)神楽音にて主催イベント!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

あなたをここに置いて去る

f:id:miya_ma:20171228095721j:plain

 

車掌に客は かわいい子ども

子どもあなたを置いて去る

霜が張り付く冬の朝に

ころころ ころり

いちどは愛し合ったね子ども

15両編成の運命共同体

生計を一にするものは世帯とみなす

車掌は客のひとりひとりの顔をヤスリがけしながら

玉のような子どものつぶつぶに

押しつぶされそうになる

だけど客は かわいい子ども

子どもあなたを置いて去る

駆け込み乗車はおやめください

なんて 

怒ってしまったこと

車掌は後悔しない

もしも何かがあれば

車掌はあなたを拘束する

だから 無事に この電車を降りられましたこと

おめでとう

寂しいけれど おめでとう

車掌はあなたを置いて去る

冬の日差しがグレイの影をなげかける

この 駅へ

 

 

f:id:miya_ma:20171228100316j:plain

 

年末で少し時間ができましたので

いつも行かないところに行ったりしています。

また 新曲をいくつか 制作しています。

 

やさしめの便P薬のんだら・・・出たけど・・・おなか遺体(ー_ー)

けっこう優しめの 乳酸菌系? なんだが・・・

 

あまり美容に気合を入れない1年でした。

来年はもうちょっとがんばろうかな・・・。