駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、2018/2/2・新大久保「水族館」◆

丸の内線の赤は なにの赤

f:id:miya_ma:20171220002231j:plain

久々に乗った丸の内線・・・

こんな車両あったのかと・・・。

赤の分配に工夫を感じます・・・抽象画のよう・・・・作者は何を描いているのか・・・赤い涙か、桜の花か・・・。

 

丸の内線の赤は なにの赤?

ああ

丸の内線から ずいぶん 遠ざかってしまったものです。

 

いまさらながら・・・車掌がいないこと さびしい・・・。

 

f:id:miya_ma:20171220002316j:plain

学生だった頃に使っていた駅は

学生だった頃のままいてほしいと願うもの

だけど時代は流れゆき

落ち葉も銀河の星になる

ああ 突然に足場だ・・・

突然に建築は はじまり

違和感のある建物は完成してしまう

だけどそれはじわじわと変わり続けてきたなにかが形になっただけなのだ・・・

駅員 だけど

あなたがまだそこに居てくれてうれしい・・・

学生だった頃からかぞえて20年ちょっと・・・

あなたはずっとそこに立ち

夜のあかりをともし続けていたのね

安全確認をし続けていたのね

 

f:id:miya_ma:20171220002918j:plain

 

今年10年目を迎えるという東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(東大EMP)の講義にもぐってきました。

 

東大EMPのことを最初に知ったとき、半年で 5,714,285(こ・な・い・よ・ニャーゴ)円という高さにインパクトを覚えたものです。

 

・・・学費600マソの大学院か・・・

・・・大企業のエリートが会社のお金で送り込まれるのだろうか・・・?

・・・わたしとは違う世界の方々が学ぶんだろうなぁ・・・

などと 
たいへん僻んだ気持ちでみておりました・・・。

 

f:id:miya_ma:20171220003001j:plain

 今回、卒業生も潜れる講義ということでお邪魔させていただき、NPO法人CANVAS理事長石戸奈々子先生の講義を聞かせていただきました。

 

わたしはそれほどネットもパソコンも詳しくないので、プログラミングが2020年に必修科目となることやプログラミング的な思考がこんなにも大事になってきていることに驚きました。

 

知識伝達と暗記に偏った旧態依然とした教育システムを改革し、デジタル教科書を推進し、どこでも学べるネットワーク環境を前提とした教育を進めようという、そんな、夢のあるお話でした。以前、試験中にネットのQ&Aサイトで答えを訊いた受験生が問題になりましたが、カンニングが悪いのではないかもしれない、試験のあり方が今の時代に合ってないのかもしれない、という話も印象的でした。

f:id:miya_ma:20171220003015j:plain

 

 わたしの事務所では障がいのある方にパソコン指導などを行っていますが、携帯電話やスマートホン、インターネットはいうまでもなく臨床活動になくてはならないツールになっています。

 

弱い立場の方にこそ、技術を役立てて生活の質の向上に寄与できたらいいなと思います。たとえば記憶障がいのある方が無理に記憶しなくてもいいような技術とか・・・すでにいくつかアプリはあるのですが、もっと障がいが重い方でも使えるようなデバイスとか・・・わかりやすい導入方法とか・・・考慮の余地はあり、自分はなにができるかなぁ・・・などと いろいろ考えさせられました。

 

・・・その前に自分がプログラムを覚えないといけないかもですが・・・(ー_ー)

 

無料で講義を聴かせていただき、東京大学卒業生室に感謝するとともに、まさにこの時代、学問や知の世界は限られた人のものではなく、わたしのような弱小な人間を含む万人に開かれているのだなぁ・・・と、感銘を受けて帰ってきました。

 

f:id:miya_ma:20171220003033j:plain

 

そして もうひとつ思ったことがあります。


わたしはプログラムも出来ませんしコンピューターも得意じゃないのですが、
なぜわたしがヘタクソな詩を発表しはじめ・・・
ヘタクソなDTMなどやり始めたのか・・・


それはやはり90年代半ばにPCが使いやすくなり
niftyマネージャーという使い勝手のよいソフトが開発されて
フォーラムという詩や音楽の発表の場にたどり着いたから・・・・

という気がしました。

 

技術が創造を後押しするということ、身をもって実感しています。

 本音をいえばもっと遅く生まれたかった気もしますが・・・

いやいや・・・何歳からでも創作はできる!

 

というわけで最近は、詩に音楽に映像までつけてライブすることを覚えて、新作「(仮題)このハゲ~」作っちゃいました。

オッタンタ年末スペシャルで初披露となります。

楽しみ。

映像つきのライブパフォーマンス、ちょっとハマってきています。来年も会場が許せばやりたいと思います。


来年も 松岡のライブ、ぜひぜひ観にきてくださいね。

 

音源もどうぞよろしくお願いいたします~。

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383