駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

松岡主催イベントが神楽坂に戻ってきました

f:id:miya_ma:20171128214106j:plain

 

というわけで 松岡主催イベントが 神楽坂に戻ってきました。

ただいま~。

 

松岡の主催イベントは 12回目かなと思いますが

わたしはイベントしようとか あまり思わない人間なので

ほとんど、 お店の方が 「松岡主催やりませんか~?」って声をかけてくれるもので・・・

今回もCD作ってくれた森社長が やりませんか~とのことで

あんまり余裕もなかったのですが

場所もよかったので やることにしました。

 

(あえて自分からイベントしようと思ったのは、ことし3月の「碑文谷ダイエカライオン」だけですね・・・)

 

f:id:miya_ma:20171128215624j:plain

以前イベントをやっていたEXPLOSIONさんと同様

カグラネさんも 1番出口です。

そしてEXPLOSIONさんと同様 出口からものすごく近いです。

 

f:id:miya_ma:20171128221436j:plain

ああ、神楽坂。

思い出深い「竹ちゃん」がみえるね。

エクスプロージョンも微妙に見えます。

あああ、

ライブイベントの思い出しかない、神楽坂。

本当に素敵な町。

ラカグはとてもおしゃれだし

ブックカフェがあったり

和風のお店があったり

ワインのお店があったり

ふいに 鳥居が現れたり・・・

文化的に深くて・・・

深いといえばこっそり大江戸線の駅もあったりして

街としても 魅力的です・・・

やはり ライブした思い出しかない 神楽坂です。

 

f:id:miya_ma:20171128221627j:plain

基本的には 

碑文谷のときの出演者さんが中心となりましたが

さのともさん、ウクレレのメルモさんに 新たに出演していただきました。

 

メルモさんは経験豊かなウクレレ弾き語りの方ですが

ガンガンと歌う感じではなく

シャンソンのように ふわっとした歌が 魅力的です。

フランス語の歌が多く、「アイドルを探せ」や「ラムのラブソング」など

知っている歌が多かったので とてもわかりやすく 上品で 楽しいステージでした。

弦も声もほんとうに綺麗に音が立っており

歌声が素敵なことはもちろんですが カグラネの音響が非常によいことが よくわかりました。

メルモさんにとってはアウェイ状態で いろいろ不安な思いをさせたかと思いますが

「わたしはシュールなアーティストではないので・・・」

などのMCも面白かったです~。

 

f:id:miya_ma:20171128223047j:plain

前後しますが、オープニングアクトの、さのともさん。

その場で描いたりしつつの妖怪紙芝居をしてくれました。

 

なんか独特の雰囲気でどうなることかと思いましたが

さのともさんらしく うまく締めてくれて 時間もぴったり。

 

アドリブ風のようで 噛まない語り さすがです。

 

ちょっと体調が悪かったようなのですが 舞台に立っていただけて よかった~。

 

f:id:miya_ma:20171128223517j:plain

f:id:miya_ma:20171128223901j:plainパーカッションの戸田さん。癒し系。

 

今回かぎりで活動休止とのこと、Racco-1000さん。

まるめリーダーもお忙しいなか、特別な動画を製作してくれました。

 

動画がエンディングに向かうなか、演奏が盛り上がってゆくさまは圧巻でした。

 

複数の人間でひとつの表現をするのは大変な労力と思いますが

この5人は あたたかな信頼感が感じられました。

 

インプロといえど・・・・

というより インプロだからこそ・・・日頃の関係が 大事なのかもしれません。

 

鍵盤の若者はカレンさんという新顔でした。

帰り道によっちゃん(60代)がなぜかカレンさんの話ばかりしていて面白かったです。気に入ったのかな?

 

そういえば

まるめさんが選曲したコロムビアガールズ90年代編もリリースされましたね。

買わなきゃ~。

 

f:id:miya_ma:20171128223939j:plain

動画のドキドキクラブかんとく。

 

なんかものすごくウケてましたね。

鈴木君の映画とか異常にウケてた・・・と思ったら、ご本人の男優・鈴木君も来てくださっており・・・

ああ、この人が映像の中のアレをした人なのかと、珍しいものでも見るようにみなさん喜んでいました。

 

そして

ドキドキ監督ご謹製の松岡PV お披露目されました・・・

 

わたしからいうことは何もないです、

が・・・・

皆さんには好評でした、

が・・・

世に出ることはないでしょう、

が、

上映はするかもしれません、

が・・・

うううう・・・ああああ・・・

本人的には言及しにくいのであります・・・

でも いろいろ苦労して作った思い出は わすれません!ありがとう!

 

さて

自分のライブですが・・・

映像としては 以下のような感じでした。

f:id:miya_ma:20171128225507j:plain

 

f:id:miya_ma:20171128225530j:plain

すべて動画入りです。

 

セットリストは

 

1、Fra-Fra,Euro-Euro,TGV!

2、大きな宇宙の嶋村

3.My name is 猫である

4.ひとり(新曲)

5.歌舞伎町組曲

 

忙しくなかなか練習時間も取れなかったのですが、

自分としては すごく声が出ていて いい感触でした・・・

これはきっと カグラネの音響とPAさんがいいおかげで そんなふうに錯覚しているのだという気がします・・・

 

あとは 完璧なベースの よっちゃんのおかげかも・・・TGVのサビのベースとか 鉄道感満載の音がして テンションあがりました・・・TGVの曲ははっきりいって苦手なのですが ベースのおかげか 最近、お褒めいただくことが多くてうれしいですね。

ありがとうございました。

 

終わったあと

Racco-1000の鍵盤の若者・カレンさんが 

松岡の打ち込みがウマイとか「わたしも打ち込みしたいんです~」なんて言ってくださって、

iPadでなんとか良い打ち込みできないかなどと話をしていて

ついでだから経験豊かなプロである森社長に引き合わせて打ち込みの初歩の上達の

こつをきいたところ・・・

「それは、数をこなすことですね!」

という お言葉 いただきました。

わたしもまた 新曲 書きまくりたいと思います。

 

打ち上げも となりのバーで とても和やかでした。

打ち上げしやすいお店ですね。

わたしが注文したブツが少なくて すみませんでした・・・。

 

反省点として・・・

お客さんの入りが・・・うー・・・という感じでしたが

出演者のみなさんが営業努力してくれたのはよく知っておりますし

わたしも努力が足りなかったかも・・・すまん。

お越しになった方には 良いものをお見せできたのではないかと思います。

 

また次回がありそうに思うので 

今回来られなかった方も

カグラネの素敵な雰囲気

ぜひ 味わっていただけたら うれしいです。

 

ともかく無事に終わったナイトケアかぐらね、いちばん癒されたのは わたしかもしれません。

 お客様

出演者のみなさま

スタッフのみなさま

ありがとうございました~。

 

次回ライブは

今年最後のライブになりそうですが 

12月7日(木)碑文谷アピア40です~。