駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆2018/10/8(月祝)神楽音にて主催イベント!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

初めてのなんばライブ

f:id:miya_ma:20171120224211j:plain

右に 朗読検定あり

左に ポエトリースラムジャパンあり

(←最近は「出たらいいのに」って言われなくなったが・・・)

 

それに対して身構える感覚 表現者ならば普通のことだろうと思う

 

きっと交わらない軸が世の中にはたくさん引かれており

軸のうちのいくつかは ぽきぽきと折れたり 風にしなったりしている

「1+1は2ではないという考え方」があることを心理学の生徒は教わる

子供の落書きに価値があるのかもしれない

いや ないだろう

いや あるだろう

自由ってすてきね

だけど完全な自由は完全な不自由を招きそうで

序列に厳しい暴走族が夜を走るころ

ジュースを飲むときにコップがあるから飲めるように

チャイムが鳴れば着席して時間割のとおりに講義を受けることで学問は次の世代に伝えられるように

わたしだって 嫌いとかじゃないのです・・・

上手くなりたくない わけじゃない

むしろ 上手くなりたい

だけど 上手くない から 

上手いだけが表現じゃないさ なんて 上手くないことの言い訳を いろいろ 考えているだけかもしれない

自分が上手くないことを知っておりそこから目をそらしているだけかもしれない

今はお願い わたしに何かを教えないでほしい

あまり褒められたことのないわたしに

社会的な評価軸を教え込まないでほしい

だけどそのほうが良い結果が出るのかもしれない

社会でかわいがられる人間になるのかもしれない

いろんな何かを試してみました

 

だけどやっぱり無理は無理

 

そっちに行ききるなという警告が出てくるのです

 

それが何かは わからない

ほんと

とてもじゃないけど プロじゃない・・・わたし・・・

 

f:id:miya_ma:20171121002100j:plain

土曜日は

現代詩フォーラムのまったり同窓会でした

最後はだらりと朗読会になりました

若くない詩人たちが

読みたい 聞いてほしい だから読む!

そんなふうにこの集団に対して信頼感を持っている人が自発的に読む時間帯になった

だから あまり付き合いの古くない若い人たちは みずから読みだす雰囲気ではなかった

親密感 信頼感が 詩の朗読の橋渡しをする 

詩人が自作詩を語るとき 聞き手への愛がそこにありそうだ

作者による朗読会 か・・・

これも 朗読会と いうのだな・・・

 

・・・わたしは何がしたいんだろう。

ライブに出演してくださいという依頼は いまだに多く

さらーっと終わってはまた依頼がどんどん来て

仲間の輪に落とし込まれてまた依頼がどんどん来て・・・

ことばを声に出す対バンたちもわたしも 

何がしたいんだろう・・・

なやむ

右にも 左にも 上にも 下にも 動き出せない

いまはあまりに人間同士が簡単につながりすぎて・・・

友達の多さが朗読のうまさ?

朗読のうまさは発声の正しさ?

・・・いや、難しく考えなくていいじゃない

上手くなる努力のひとつのきっかけとして

あるいは自分の向上のために

検定に向けて稽古すればいい

スラムに出て自分を磨くといい

いいじゃないの・・・いいじゃないの・・・

そんな考え方も

ある

 

右にも 左にも 上にも 下にも

どこにも行ききれないという感じで

ただ

積読の本だけ 増えてゆくような 毎日・・・

 

 

 

f:id:miya_ma:20171120220930j:plain

 

というわけで・・・・

こちらの朗読イベントの おまけで出演してきました★

 

朗読検定認定トレーナーになった・旧友(というのもおこがましいが)であり歌手でもあるアイマユミさんの朗読の生徒さんの発表会がメインのイベントでした。

 

以前の記事にも 書かせていただきましたが

歌詞だけ書いていて音楽できなかったわたしが音楽系のパフォーマーになり

歌づくりも歌もほぼプロであるアイマユミさんが

朗読のマユミ先生になっている現在の状況が

不思議ですね。

 

前の日に現代詩フォーラム同窓会があったもので

ライブ当日の朝の移動。

時間に余裕を持っていたつもりなのに、切符を新横浜で買おうとしたら行列・・・何やら危ないところでした・・・。

 

教訓:切符はちゃんと前日までに買っておきましょう。

 

f:id:miya_ma:20171120231811j:plain

この制服さんはもちろんJR東海

白制服もいいけど、中の車掌さんもこの紺色、派手なゴールドの飾り、間近で拝見して、まぶしかったです。

キラキラな感じ、さすがは東海。

 

f:id:miya_ma:20171120232036j:plain

 

なんば~!

今回、新大阪から御堂筋線で一本という とても分かりやすい場所でよかったです。

大阪の電車の路線のこと あんまり何も知らないんだなぁと実感しました。

逆に、大阪の方も、蒲田とか、大井町とか、あまりピンとこないかもしれないですよね。

「碑文谷のアピアに来てね」なんていっても、そんな名前の駅がないぞ東急ははやく名前替えてください・・・・

 

はなしがそれた・・・。

 

f:id:miya_ma:20171121000837j:plain

なんばからの場所もわかりやすかったです。

向かいは、なにやら建築中でした・・・。

遠くに見える、高島屋の、なんと格調高いこと・・・。

 

なんば、なんば!

 

f:id:miya_ma:20171121001359j:plain

「音」さん。

中身はこんな感じ。

広くはないですが、きれいです。

 

反対側に喫煙スペースがあり、上階に楽屋もありました。

禁煙で、飲食もできる、使い勝手のよさそうなライブカフェです。

夜はほとんどオープンマイクみたいなので

お近くの方は ぜひ 行ってみては!

 

リハーサル終わって 近隣をぶらつきました・・・・。

 

f:id:miya_ma:20171121002813j:plain

おお

なんて立派なタカシマヤ!

ガラスに映る空も美しいですね。

 

f:id:miya_ma:20171121002840j:plain

むかし

こんなお名前の女優さんがいましたっけ・・・。

 

などと 本番前にぶらぶら つまらぬことを考えて・・・

さあ、本番。

 

ちなみにこのイベントは、予約で満員でした!

すばらしいな~。

それだけのことはあって 朗読の発表会のほうは 本当に緊張感あふれる時間でした。

古典の名作、みなさんやマユミ先生が、訓練されたきれいな朗読で、テキストを読み上げます。

その声は、ほんとうに聞き取りやすくて、文章がスイっと入ってきます。

とくに、男性の朗読、芥川の文章が刺さるように聞こえてきて、よかったです。

 

お客様も 真剣な表情で 朗読を聞き入っています・・・。

 

f:id:miya_ma:20171121003537j:plain

ははは やばいな・・・。

 

ははは 何しろ

わたしは朗読をきちんと学んだことがないのです・・・。

 

うーん

朗読検定の名のもとに行われる発表会のあとに

わたしのライブ・・・というのは お客様に申し訳ないな・・・

イベントに誘われるときからなんとなく心配でした

準拠枠が わからない・・・

言っていいことといけないことの境界線がわからない

やっていいことといけないことの境界線がわからない・・・

それでも

今回は あんまり派手なアクションはせずに

できるだけ お客様が知っているテーマで

なごやかで笑いのあるようなステージをしたい

と思って

以下のようなセットリストを組みました。

 

1.山の手キャンディ

2.れんげの原で にお君と

3.大きな宇宙の嶋村

4.歌舞伎町組曲

5.シャープペンシルの芯

6.恋のフレッチャロッサ

 

・・・いや なごやか じゃ ないかも・・・!?

 

そして 事故が 起きた・・・。

 

わたしの存在はそもそもこのイベントにおける放送事故みたいなものですが・・・・

ほんとうの事故が起きたのは

5曲め。

 

「これだけは触れてはいけない」

という映像機材に

いつしか 

触れたのか・・・

 

曲の途中で

 

どんがらがっしゃ~~~~~ん!!!

 

・・・いや~

・・・これがライブだなあ~

 

なんてことを言える余裕もなく

もう 

平謝りですね(・_・)

ギターも倒れて

すべてが高そうで・・・うあああああ

すみませんでした。

 

ライブたくさんやってきましたが

この日の事故は

「これはヤヴァイ」と思った事故のベスト3に入るでしょう・・・・。

 

そんなこともあった 熱いライブ

血の気引きつつも ぼうぼうと燃え尽きて 

あんまりその後のことを 覚えていませんが・・・

冷静になって考えてみると 

「選曲があんまりよくなかったかも」って思いました・・・。

言葉のりんごも

声の弓矢も

脱いだ上着(笑)も・・・

べつに 

投げなくてよかったのだ・・・

 

ああ

そうか 

朗読検定って そんなことを 学ぶのかもしれない

技術という他人軸をほどよく入れることで 

伝わりやすくなるのかもしれない

それで 表現者もお客さんも ハッピーになれる・・・

そんなことかもしれない・・・

などと 終わってからも 悩んでおりましたが・・・

ともかく

アウェイの中のアウェイ なんばでのライブ 精一杯 させていただきました。

そんなわたしを受け入れてくださったイベントだからこそ

まさに ゲンオンノジユウを

体現してくれていたように気づきました

あああ~

感謝です

 

素敵なThe Hummingbirdsのせんだいさんマユミさん

朗読の真由美先生(同一人物だが)

お客様、共演の皆様 ありがとうございました。

 

ハミングバーズの歌も なんかほのぼのとして よかったですよ~。

大阪愛が伝わってきました。

 

f:id:miya_ma:20171121005055j:plain

イルミネーション美しい御堂筋。

当日夜まで宿も決まってなかったのですが梅田に泊まろうと思い、

「よーし、お姉さんなんばから梅田まで歩いちゃうぞ!」

なんて

御堂筋を北上しはじめました・・・

真ん中あたりで疲れて

あっさり挫折 

 

地下鉄に乗り込みました・・・。

 

f:id:miya_ma:20171121010527j:plain

 

南海、なんかい~感じ。

 

f:id:miya_ma:20171121010849j:plain

道頓堀!

なんか自分のイメージの中にあった道頓堀よりも

きれいでした・・・。

 

道頓堀の薬局に、中国の方がいっぱい・・・というかその場のほとんどが中国の方だったように思いますが・・・そこでコンタクトレンズの洗浄液を買ったが・・・ハード用点眼禁止のものだったので前 略 ひ ど い め に あ っ た ・・・。

 

f:id:miya_ma:20171121011132j:plain

 

梅田の漫画喫茶でグーグー熟睡し・・・

翌朝は 万博記念公園にある民博に行くことにしました。

うす曇りの寒い日

太陽の塔が見えて 興奮しました~。

 

f:id:miya_ma:20171121011905j:plain

 

f:id:miya_ma:20171121011917j:plain

「芸術はきれいであってはならない」

 

わたしは岡本太郎が一時期好きで・・・

太郎の関連施設は かなり行っているほうかもしれません

太郎の本もたくさん愛読しており

青山のアトリエや

二子新地~登戸あたりの川沿いのアレや

渋谷のアレ・・・

奥入瀬のホテルも太郎のイスとかあったっけ・・・

太陽の塔も 輝く太陽というよりは むしろ孤独に見えて

感動しました

 

民博はほんとうに素晴らしかったです。

 

f:id:miya_ma:20171121012216j:plain

 

f:id:miya_ma:20171121012300j:plain

ここには全世界の民族的なものが飾られています。

 

特に音楽コーナーが充実しており楽しかったです。

ベトナムの音楽映像では 青年たちが

いつも共演などで仲良くしていただいているRacco-1000さんみたいなパフォーマンスをやっていました。

f:id:miya_ma:20171121012849j:plain

またジャンベコーナーではJuzuさんを思い出し・・・・

イヌイットの彫刻ではさのともさんがデザインしたのかと思うような 不思議な造形が・・・。

f:id:miya_ma:20171121012941j:plain

みんぱくで ふと気づかされました

いつも共演でお世話になっておりますRacco-1000さん Juzuさん さのともさん そのほかの即興・アート系の仲間たちのやっていることの原点というか 根っこが こういった伝統のなかにあるのかもしれないな・・・ということ

 

自分のルーツなどをあまり感じることがなかったのですが

わたしならばバリダンスだったり

仲間のみなさん それぞれにルーツがあって

そして日本の人はアジアの人間なのだなということを強く感じたのです

例えば音楽、リズムもそうだし

お洋服や 美術 お祭りも 価値観も・・・・。

わたしも避けがたく東南アジアが入っているんだろうなあと 思いました

 

ライブって何だろう

お客様からお金をいただいてやってることって何だろう

 

その答えを見つけたわけではありませんが

わたしが狭く考えていたその狭さが 

少し 広がった感じがしました

そう

頭で考えるのはよそう・・・・

もっと

自分の体が知っている 自分のなかにある 土着に耳をすませてみよう・・・

 

 

f:id:miya_ma:20171121013945j:plain

太っているのもすてき!

 

 

f:id:miya_ma:20171121014048j:plain

インドの布!

f:id:miya_ma:20171121014147j:plain

アフリカの布!

 

f:id:miya_ma:20171121014251j:plain

・・・・なんばの布!

 

ああ、大阪。かなり好き!

というわけで このライブツアーでわたしは 大阪にかなり詳しくなりました!

また、「大阪のもので大好きなもの」もたくさん増えました・・・居酒屋の勝男とか・・・?!

次回大阪に行ったら もっともっとたくさん大阪を楽しめそうな予感がします。

好きな街が増えるのはうれしいですね。

 

長いレポート ひとまず終わります。

改めましてマユミさんせんだいさん 皆さん 

おおきに おおきに。

 

f:id:miya_ma:20171121015819j:plain

 

 

制服関連は別記事にしますね~。

来週月曜日の神楽坂イベントも よろしくお願いします~。

 

f:id:miya_ma:20171121015800j:plain