駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

冬 服

f:id:miya_ma:20171007093045j:plain

止まない雨のなか

愛は冬服に対して投げつけられるもの

駅員のすがたは冬服のシルエットの中にこそあるもの

ごった返す夕方のラッシュのプラットホームで

何か光り輝くシルエットがある

それは駅員たちのすがた

わたしは駅員の腕章が あまり本質的なものではないと思っていた

だけど東急のあなたたちの場合

黄色い腕章も駅員なるものを形作る

識別性の魔法のリングなのだと知った

ここにいますよ駅員が・・・ここにいます・・・お客様、安心してください・・・

雨 雨 くもり 東急 雨・・・

黄色い腕章に触れた日もあった

こころが沈む夕暮れには

愛をぶつけられる相手を探してしまうのです

 

f:id:miya_ma:20171007093522j:plain

あっという間に秋らしくなってきましたね。

図書館にいったついでにアピアに遊びに行ってきましたよ。

自分がお客さんの立場になると

いろいろ まなぶこともありますね。

声質のすばらしい方

詩と曲のすばらしい方

外見のすばらしい方

それぞれ それぞれだった そんな気もします

いろんなライブハウスやカフェが閉店してゆきます

何をするにも厳しい世の中です

11月27日 月曜日 松岡が主催することになった 神楽音も

ほんと 大丈夫かなと 思っております

フライヤー今のところ こんなです。

映像入りがこのイベントのテーマです。

皆様に笑顔と元気を与えられるイベントになればうれしいです。
 

 

f:id:miya_ma:20171007094153j:plain