駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

夜の雲

f:id:miya_ma:20171004083919j:plain

夜の雲のやさしさを思う

なにかつらいことを見せまいとしていた

親の目隠しの指たちを思う

強い風が吹けば雲は流れて

あとは闇夜が広がるばかり

裸になった木が風につるりぶんぶんと揺らされる

つるり

ぶんぶん

あんなに騒いでいた虫たち 秋 どこへ?

風に洗われた夜空に

月だけが輝いている

f:id:miya_ma:20171004084107j:plain

わさわさと暮らしております。

 

京王線にご縁のある日々です。

車掌がネクタイ姿だったので ちょっと きゅんとしてしまった・・・。

車掌の姿ってのは 板のようで どうしてあんなに 素敵なのでしょうね・・・。

 

京王線といえば、けい太くん。

けっこう困り顔もしてくれるナイスな奴!

 

f:id:miya_ma:20171004085018j:plain

 

 

これは爆発案件か?

f:id:miya_ma:20171004090116j:plain

赤紫と紺ですでに京王色なんですね。

 

警察官も衣替えして、各路線の駅員たちが上着を着るのが待ち遠しい秋です。

 

現代詩フォーラムに投稿しました。

「キモノリメイク」というささやかな詩です。

以下のリンクからたどれます~。

松岡宮

 

11月18日土曜日 現代詩フォーラムのオフ会があります。

関係者はおいでくださいね~。