駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

きょっきょっ虚

最近はまた マグロ区の図書館にはまっています。

 

漫画の蔵書が素敵で ワサワサと借りてしまいます。

「先生と僕」は夏目漱石とその仲間(門下生)の愛が美しく描かれていて

ホロリとしました。

f:id:miya_ma:20170829220943j:plain

また

何気なく借りた本「荒木飛呂彦/奇人偏屈列伝」に乗っていた 

康芳夫さんの章が

印象に残りました。

 

というか・・・失礼ながら・・・ご存命なのですね!

しかも ご活躍されている!

twitter.comその言葉・・・うろ覚えですが

(興業は)虚であるがそれを観る観客は真だ・・・

みたいな言葉が心に刺さっています。

 

観客は虚を観に来るんだ

 

むしろ 虚でいいのだ

 

と・・・

 

この虚人は おっしゃっています・・・。

f:id:miya_ma:20170829215127j:plain

わたしの欠点だろうと思うのですが

虚を取り扱うのに 慣れていない気がします

ついつい どこかに真実があるように思い

その真実により近づきたいと思ってしまいます

真実は どう測ろうとも不変で 客観性があり 正しい

嘘を付くのがいちばんいけないこと

実証的な調査研究をなりわいにしていた時期も長く

その実証が

ほんとうにこの社会の真実とは かけはなれているかもしれないと

気づきながらも

部分の数字とか

脳のしくみとか

要素への分解とか

先行研究からの推論とか

科学的な蓋然性とか

どうしてもそんなふうに考えてしまいます

 

f:id:miya_ma:20170829215612j:plain

だから 

前世を取り扱うことで生き延びる魂があることや

「氣」もいつか科学的に証明されるかもしれないというエクスキューズをしないと

受け止められない

いやいや・・・

もっと 虚に 慣れないといけない

何しろ 今どきの漫画ときたら・・・魔法少女が世界を動かし

土地のカルマが不幸を生み出し

精霊や 妖怪や 魔術が 問題解決に用いられている・・・

わたしも虚に生きなくてはいけない

あらゆる嘘 広告のことば にぎやかな情報 

駅員さんのきれいな制服

切り裂いて真実をそこに見ようとしてはいけない

<あなたが好き>と誰かがいう

彼氏のいないファン思いのアイドル

バージン・バストはIカップ

きれいな嘘の世界に

もっと ふんわり 酔わなくてはいけない

ぎゃあ。

がんばります。