駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

小田急に乗って雨だった

小田急に乗って雨のなか

涼しい敗戦記念日

そしてお盆

天国の両親のもとへ向かっている

向かっていない


f:id:miya_ma:20170815100239j:image

なつ、なつ、小田急、せつないものは、大きな車内、思い出補正じゃないと思う、

小田急は大きいの、東急よりも

やはり小田急は、体が覚えている故郷のオクルミのようで

新百合ヶ丘の何とも言えない

さみしい感じ

何者かになりたい

恵まれているのにこのままではいられない

落ち着かない感じ

学生時代を思い出す

お盆の電車は旅の少年少女たち


f:id:miya_ma:20170815100707j:image

 いつもお墓まいりは暑くて仕方ないのに

この夏は不思議な雨もよう

今年から入った新人パワー

お父さんパワーで雨もようなのかも

 

おお、車掌さんが歩いてきた

青くみずみずしい肢体が車体の振動に合わせて

ゆらゆらと揺れている

揺れていない

揺れているのはわたしの体

あっ

背中を向けてしまった

青い魚

ここまでは来なかったの


f:id:miya_ma:20170815101229j:image
f:id:miya_ma:20170815101552j:image

 続く・・・・・