駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

M3・2017春・流通センター、有難うございました。

f:id:miya_ma:20170430191749j:plain

 

4月30日は 大田区が主催する「子どもガーデンパーティー」の日。

昭和25年からやっている歴史あるパーティーのようで

(行政主導のようにみえますが)、地域の方々の手による子どもたちのためのお祭りで、身近な環境の中で、子どもたちが地域の人々と触れ合う機会を作るとともに、地域のコミュニティづくりのきっかけにすることを目的としているそうです(ホームページより)。

 

大きな大田区・・・

区内10か所に分かれて行うみたいですが、きょう、ある会場の入り口を見ましたら

小・中学校ごとに看板を出していたので、学区ごとなのでしょうか・・・。

グレートマザーとグレートファザーが幼子を導く

グレート親切、大田区よ・・・・。

 

ワッペンをもらうとき、その子供はもう大田区に魂、吸い取られて、大田区に感謝をする子はよいこ、遊ばせてあげる子、になる・・・

 

でも つながらない よりは つながることは いいこと なんだろう・・・

 

大田区には大田区育ちの男性が多くて 空気のように大田区を絶賛する、すばらしい大田区、そして、大田区について、あんまり考えず、大田区を自明のもののように、自分のあしのうら、体の一部のようにとらえる、だけどわたしはよそもので、大田区のあらゆることが、自分の皮膚ではなくて、皮膚にくっついた鱗粉、ご飯粒、ひっつき草、みたいに思い、息が苦しくなってくる、だけど、わたしもすぐに大田区になじむかもしれない、飼いならされてしまうかもしれない、素晴らしいことだって多かった、悪意の人などいなかった、すぐに大田区に包み込まれて死んでからいい人になるのかもしれない、いつまで違和感を感じていられるのだろうか。

 

 

f:id:miya_ma:20170430192801j:plain

同じく大田区の流通センターで行われました、

音系メディアミックス同人即売会M3は、

新譜もあったおかげか、おかげさまで収穫の多い出展となりました。

お客さんは男性が多く 平均年齢は若く 出展ブースは女性も多いですが若い女性ばかりで

わたしなど 右にすそを引くグラフの最高齢わずか手前のほうだと思いますが

それでも 映像をみて音源を買ってくださった方もあり、続けていてよかったな~と思いました。

 

男性もそうかもしれませんが 女性も年代によって服装や醸し出すイメージが異なるもので・・・

近年は 若い方ほど かわいらしい服装の方が多いように思います。

じつはわたしも10代のころは ふわふわした 今の若い子みたいな かわいらしい服が好きでよく着ていました・・・

根本的にはふわっとした服が好き・・・

 

 だのに・・

 なぜ・・・

 歯をくいしばり・・・

 ネクタイなど結んでいるのだろうか・・・・!(笑)

 

スカートすらはかなくなった日々・・・いけませんね!

そういえば 隣のブースのお姉さんも いい感じの方でした!

このかた~。まるめさんの好きなモナレコですね。

エソラコトニッキ

 

f:id:miya_ma:20170430193423j:plain

@meimei_alone さんは 商品をもってご挨拶に来てくださいました。

精力的に新作を出されていますね~。

みならいたいです★

デザイナーのくりすてさんも わざわざお越しくださいました。差し入れまでいただいて、ありがとうございます。CD「LtdExp383」を、「高い」と言いつつ買ってくださいました(;;)ありがとうございます、高くてほんとにすみません・・・。

そういえば隣のお姉さんとお話をしていて、大田区民なのに1時間かかるんですか?うちも大田区ではないけど1時間くらいで来ました・・・みたいなお話をされて・・・

流通センターは大田区にあるのだけど 大田区を帯びていないというのか

M3も別に大田区に関係のあるイベントではないし、北海道から九州から、同人ミュージシャンは来るのだけど蒲田の歌仲間が参加しているわけでもない・・・

だいいち、蒲田からバスが無いなんて・・・大森からのバスも多くありませんし・・・・

モノレールは便利そうで・・・いいなぁ

そんなふうに 

大田区にありながら 大田区民は知らず 

大田区民がアクセスしやすいものでもなく 

大田区外に向けて開かれているものだって 

大田区にはたくさんあるんだなあと気づかされました。

そして この世界にそのように外に向かって広がっているもののあることは 

わたしを ほっとさせてくれました。

大田区で 村八分にあっても いいんだよね・・・いいんだよね・・・

大田区で適応できなくても いいんだよね・・・住み続けて・・・いいんだよね・・・。

 

そして帰りの混雑したバスで ひとつだけ空いていた優先席 なぜか 譲られてしまった・・・

いろいろ 不安定な時代のなかで このようなイベントが平和的に行われていること ありがたいなと思います。

ずっとずっと 続きますように。

みなさん ありがとうございました。

 

M3の上映コーナー用の動画 こちらです。

youtu.be