駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

オーウェル「1984年」読んでます

f:id:miya_ma:20170410093059j:plain

ジョージ・オーウェル「1984年」読んでます。

いまのこの社会のことを描いているみたいですね。

ジューリアの抜け目のない 態度の分割。

ある特定の一時期の話ではなくて 社会というのはつねにじぶんというものとは

別個の空間であったのかもしれませんね

 

社会にいきるとき 自分を分割して 生き延びなくてはならなかったのかもしれない・・・

 

f:id:miya_ma:20170410094557j:plain

混乱する駅に

野獣のような駅員はおらず

からすのような駅員もいない

駅員はどこか実体のない 分割されたうしろの4両のよう

人身事故の混乱のなか 拡声器をもって秩序を与えようとする その声は制服を着ている

駅員の肌そのものが制服を着ている色をして

駅員の言葉は自由がなく

だから檻に閉じ込めておく必要はない

人形遣いのたくみな腕さばき 

「今朝も 通勤 お疲れ様です!」

遅延する電車にあふれる人波

押し合い へしあいの 新社会人

(プラットホームから ぽろぽろ落ちているのは なに?)

こわがらないで こわがらないで つくりもののような声で駅員が歌う

ここできれいな服を着ているものは・・・それはきっと あなたじゃない わたしじゃない ほんとじゃない 傷がついても 傷つかない あなたじゃない から・・・

分割されたあやつり人形たちの通勤風景

だけど 会社は休めない このステージを降りられない 心拍数が増えてゆく

ああ

「がんばれ」はもう禁句じゃなくなってしまったこの世界

電車 止まりまして ご迷惑をおかけしております

再開の見込みは立っておりません

(くまちゃんのぬいぐるみが ほしいな)

だけど こわがらないで こわがらないで 

つくりもののような声で駅員が歌う

こんな世界のために あなた 絶望しないで と 何かをあきらめきった顔の駅員が 伝える(伝えない)

がんばります がんばります (がんばりません)

分割されたわたしが きっと じりりんと 立ち尽くしている

桜おわった新学期

f:id:miya_ma:20170410094301j:plain

f:id:miya_ma:20170410094804j:plain

おはようございます。

いろいろ やらなきゃいけないことを先送りして 音源MIXずーーーーっとやっています。

お耳さん 酷使されてかわいそう。