駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

京成不足解消

f:id:miya_ma:20170109175214j:plain

つぶれないのか青戸ボウル・・・・

そんなわけで、京成線が異常に懐かしくなってしまって、突発的に青砥まで旅に出ました。

 

20代前半は、荒川区ー葛飾区ー千葉県市川市・・・と移り住んだわたし。

葛飾のときは青砥に近いアパートでした。

 

夫に

「さいきん、東京の東側に行ってないなぁ・・・寂しいなぁ」

と言ったら

夫が即答しました。

 

「だって魅力ないもん。」

 

「・・・え?東側に魅力がないの?荒川区とか江戸川区には魅力がないってこと?」

 

「ないよ。」

 

・・・なんだ、その自信たっぷりな反応は・・・。

 

夫は「23区は西側が良い(そして我が大田区は西のほう)」という謎のプライドを持っていることがわかりました。

 

世田谷ならともかく、大田区は西というより南だと思いますが・・・

大田区民の肥大したプライド、腹立つなぁ・・・。

 

f:id:miya_ma:20170109174400j:plain

なつかしの青砥。

住所名は青戸ですが、駅名のこの字が好き。砥の字にときめき磨かれて、青砥。

なつかしい「青砥そば」もプラットホームにありました。

3階建ての立派な駅舎は京急蒲田を思わせました。

改札のほうに降りると、改札のそばにケンタがあり、少し唐揚げいただきました。

そう、駅員さんの見えるケンタです。

駅員さんだぁ・・・もぐもぐ・・・。

 

わずか5分くらいの間に 駅員が入れ替わったような・・・気もしました。

 

f:id:miya_ma:20170109174702j:plain

 

京成の制服チェンジのとき、「制服デザインが少しスリムになった」と評判でしたが・・・

駅員観察の印象としては、別にスリムな感じはしなかったです。

でも駅員らしく爽やかで、影のように目立たず、都会の闇のように美しかったです。

さらっと軽そうな制服ですね。スリムというよりスマートな感じはあります!

 

f:id:miya_ma:20170109174855j:plain

f:id:miya_ma:20170109175007j:plain

上野駅といえば 啄木のころの昔からある駅で・・・

誰もが知っている伝統ある駅です・・・

ふるさとのなまりなつかし駅ですが、

どうやら 地下鉄部分をリニューアルするようです。

 

f:id:miya_ma:20170109175102j:plain

「美術館のある街」というキャッチフレーズで推す予定のようで・・・

確かにそうなのですが

わたしにとっては「ケダモノのいる街」

 

また動物園に行って パンダを見たいな・・・。

 

f:id:miya_ma:20170109175154j:plain

いや・・・あなたたちじゃなくて・・・・。

 

 

 

f:id:miya_ma:20170109175618j:plain

上野の長い通路も あの頃のまま・・・。

雨の日や寒い日には ありがたい通路ですが 地下通路のこの柱の間を 開放したら 

凍死するひとも減るのでは・・・などと思ったりしました。

 そんなわけで 思い出をたぐりつつ たくさん歩いて

京成への小さな旅 楽しかったです★

 

f:id:miya_ma:20170109175935j:plain意味もなく、よっちゃんと。

 

やっぱり、家に閉じこもりきりじゃなくて 外を歩くのはいいなと思いました。

 

閉じこもりきりで何をしていたかというと・・・ 

音源のリミックス第2弾!しておりました。

 昨年レコーディングした「国道にサイクリストの花が咲く」を相当ミックスしなおしてCreofugaにアップしました。

スネアの音とか ずいぶん変わったし 時間もかけたけど・・・もとの音源の音に戻っただけのような・・・。

よかったら聴いてやってくださいね~。

creofuga.net