駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

現代詩フォーラムに詩をアップしました

文学フリマで 「現代詩フォーラム」の片野代表&沼谷さんにお目にかかりました~。

わたしが20代くらいからの知り合いではないかしら・・・?

なつかしい。

「ミヤさん白髪増えちゃって」と思われているかどうかわかりませんが、現代詩フォーラムも 応援してゆきたいと思います。

 

というわけで

「踏切」

という詩をアップしました。

 

http://po-m.com/forum/myframe.php?hid=1559

 

わたしの冊子にはすでに入れている詩だと思いますが、文芸思潮で賞をいただいた3部作のうちの1つです。

下丸子駅が舞台・・・・地元すぎる。

f:id:miya_ma:20161201225544j:plain

どうか落ちませんように

駅員は身を挺して乗客を守る

駅員の祈りは前後左右に伸び

見えないホームドアを作り上げる

それでも透明なホームドアを超えようとする若者があり

やややややめろろろろおおおお・・・

俺の屍を超えてゆけと

駅員は身を挺して阻止する

・・・電車が 傷つくだろっ!

駅員は電車の安全を気にしている

それでも駅ではさまざまな事件が起こる

電車の時間通りの運行を妨げる敬意なき乗客も多いので

駅員はときどきUFOも呼ぶ

白い手袋 ぱしっと鳴らせば

困った乗客は透明なUFOのなかに吸い込まれて

すいっと消滅させられるのでありました

 

・・・駅員、どんな権力者だ!

 

 

f:id:miya_ma:20161201230033j:plain

なつかしい。

これはデザインフェスタのときの画像です。

これの再演を尾張旭・GALLERY龍屋さんにて行わせていただけることになり・・・

場所はこんなに広くありませんが

やっと 稽古に向けて 準備はじめました。

 

大田区の「うぐいすネット」で区立施設のスタジオを借りることができました、なんと40へーべーの広さ!でもその部屋ではダンサーさんは「カカトのかたい靴はダメ」なんですって、原口さんすみません。

養生でもするかなぁ・・・?

本番も、貴重な芸術作品が飾られているみたいなので、旗を振ったりするのはNGな気がしてきました・・・壊す予感しかしませんが(~_~)

 

楽曲は

「もれる」「北京地下鉄王府井」「ヒースロー、朝10時」「恋のフレッチャロッサ」「運転士が燃えている」。

JR東海の走る街!

がんばります~。

 

www.t2y.info