駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ら し さ

f:id:miya_ma:20161020105159j:plain

このポスターを見たとき 

東急のポスターながら 東急っぽくないなぁと感じました

字体が?

色合いが?

雰囲気が?

 

なんか あの 柔らかな東急駅員っぽくないなと 思ったのです・・・

東急は こんなに「四角かった」かしら・・・?

 

制服の再現度は なかなかのものですが・・・

f:id:miya_ma:20161020105307j:plain

 

・・・で 京王に乗ったら 京王バージョンがあった!

こちらです。

 

f:id:miya_ma:20161020105343j:plain

それで

・・・ああ そうか 電鉄ごとに制服を差し替えているだけなのだ・・・

 

と わかりました

 

逆に言えば しらずしらず 「東急らしさ」「京王らしさ」を感じているのだと気づきました

こんなメッセージを出さねばならぬ時代

駅員はそれぞれの「らしさ」を消して メッセージを出すことにした

ポスター駅員、顔が同じということは顔がないというのと同じことだ

「中傷ビラ」という言葉が いまの時代を切り取っています

どうか のちの世に 笑い話になりますように

f:id:miya_ma:20161020105707j:plainにゃ。

 

昨日は 大学1~2年のときの同級生たちと 25年ぶりくらいの 飲み会。

もともと女子も少なく この日はわたしだけでした

ので

YES・NO枕の使い方・・・

子供がいてもイタス方法・・・

いちもつのまつたけ・・・

エロい話がいっぱいでした。

(わたしもエロい話 いっぱいしたような・・・実際は枯れているのに!)

 

あの頃ほんとに遠距離通学もあって眠くて眠くて同級生と遊んだりする暇がなかったので・・・

M君とか・・・きのう初めてしゃべったのではないか・・・。

松岡さんは駒場で猫と遊んでたイメージって、言われてしまいましたが、場所が大田区になっただけで、今と変わらないかも・・・。

 

f:id:miya_ma:20161020110240j:plainニャー学式。

 

わたしにとって 東大で学び卒業するひとは リスキーで頼りない人生を送るというイメージがあります

どこで学ぼうと 関係なく 安定しない人生を送りがちな特性をもった人がいるのですが

東大を出てしまったとき

その ふり幅が大きいというか

大きなものを見てしまう苦しみとか

人からの取り扱われ方の問題とか

荷物がついつい大きくなってしまって首肩腰を痛める感じというか

ときに 自分で自分の心を縛っていためつけてしまうとか・・・

病んだひとも 多く・・・

いや それも 逆に わたしがそういう人の多い学科にあったことによる偏見なのでしょうが

一時的に恵まれたとこに置かれるということが のちの人生にもたらす 切なさも あるのかも・・・

そんなことを思いました。

 

そんなわけで ロシア語くらすのみなさん スパシーボァ!

 

f:id:miya_ma:20161020111746j:plain

(写真はファックさんから、ありがとうございます。)