読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

同窓会には熊がいる

f:id:miya_ma:20160913012015j:plain

田園都市線はもう飽和してしまった

ぽん

 

雨の、同窓会じゃんぐるぐるぐる・・・

同窓会ジャングルで ぐるぐるぐる・・・

何か物音がすると思ったら よだれをたらした虎がいた! 

すぐ横に!

年を重ねた猛禽類は けっこう利口だから 油断できない 

ころされる(ときどきころす またころされる・・・)

コントローラーなくした野生たちのアフタヌーンティー

玉川高島屋 ジャングルぐるぐる・・・

川べりにきれいな蛇苺たちが雨粒にさざめく

じゃんけんぽん で 勝ちたいな

猛獣だもん、おなかいっぱい食べたいな・・・

同窓会には熊がいる

同窓会には蛇がいる

同窓会には鮫がいる

同窓会には地雷が埋められている

同窓会は腹痛を起こさせる綺麗な苺がゆらゆらゆら・・・

正しいハケはこの世界のすべてを青に塗るだろう

影と影とが相撲をとっているデントー行事

・・・ここは じつはとっても恐ろしい場所なのさ

3日前に 高齢の女性が自殺を図ったらしい・・・・

そんな 玉川高島屋で 同窓会

気の弱いひとは鎌を持って行こうか

ゴキブリみたいに膨らむ影たちバッサバッサを切り倒すための

死神さんの鎌を持って行こうか

子供を授からなかったあなたが涙する同窓会がきっとあって

身体に傷のあるあなたがもう断ち切ってしまったリボンもあって

ぽちょり ぽちょり 屋根から雨のしずく

どう?そうかい

どう?そうかい

まあ、そうかい、それはよかった。

足もとできた 水たまり

地球の裏側にレインボーカラーの世界がみえた

玉川高島屋にはもう来ない人たちのもうひとつの同窓会が 

虹色に輝きながら 

(猛獣おことわり)

ゆるやかに 始まっていた

f:id:miya_ma:20160913014010j:plain