駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

イノカシラックス・エクスタシー・高井戸!

f:id:miya_ma:20160906113241j:plain

イノカシラックス・エクスタシー

砂時計たちのガラスのくびれが輝くステーション

時刻表通りに発車します

車掌の食道を さらさら さらさら 時が落ち 

汗をかかない男性たちが詰め込まれている車掌室

だれも時に逆らうことは出来ない

はい、わたしは車掌に逆らいません、

お互い全裸で 行きましょう

あの素晴らしい高井戸まで

f:id:miya_ma:20160906113428j:plain

あなたとここまでくる予感がしていました

わたしの世界でもっとも頂点に立つ駅・高井戸駅

触れないまさぐりの中指の爪あとで車掌の柔肌に伝説の言葉を刻み付けたいけど

車掌の身体は砂時計だ

ガラスで出来た砂時計だ

触れてもそこには何も痕を残せない

さらさら さらさら

触れても触れない車掌たちがただひたすらに仕事する、

ドアがプシュウ、まもなく高井戸、高井戸です、

f:id:miya_ma:20160906114102j:plain

あまりに美しく夕映えに輝く車掌は

ときどき 動きが 透き通り

人間の目には見えなくなってしまう

ときを刻む車掌の体内時計だけが見える

さらさら さらさら 

白い清潔な砂が車掌の下腹部へ落ちてゆく

のが みえる

f:id:miya_ma:20160906115039j:plain

来た!

光り輝く列車が来た!

言葉も概念もけっしてうまくは言えないのよ

電車で具合が悪くなった時の 不安と 恐怖と 無力と 

・・・・ひとつぶの快感・・・・

服従 憎しみ 濡れ 退屈 濡れ

もしも もしも もしも ・・・・もしも濡れ!

急病人は性欲にひたされるしかない

僕のことを守ってください 弱い僕のこと 僕のこと・・・

幼いものが夕焼けに誘われ駅で踊るのを 動けないわたしがじいっと見ている

高井戸!

あまりに 美しすぎて!

f:id:miya_ma:20160906115853j:plain

 

あなたとここまで来る予感がしていました

通過電車の風が吹く

決まりを守れない子になれたらよかったのに

あの砂時計を強く抱きしめて

イノカシラックス・エクスタシー

ガラス細工のダイヤグラムをひととき壊してしまえたらよかったのに

さらさら さらさら

一粒の漏れもなく 時間の砂は車掌の下腹部に落ちて

夢のように輝く発光急行

とどこおりなく

吉祥寺まで

f:id:miya_ma:20160906115410j:plain

 

なんとか生きております~。

最近は、井の頭線も、乗らなくなってしまいましたが、とても素敵な路線ですね。

わたしの仕事は9月から新たに加わる部分が多いので、

気持ちがせわしないですけど、なんとか慣れてゆきたいと思います。

 

次回ライブ(9/28水曜日)、ライブペイント入り、秋らしくメロウな感じになりそう。

松岡&さのともさんの出番は最後、20時50分から、かな?

ぜひ来てくださいね~。

f:id:miya_ma:20160830092630j:plain