駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

出口をさがしている鼠

f:id:miya_ma:20160420220557j:plain

出口が無いように思うとき ひとは絶望するのだろうか

苦労知らずのわたしにはそんな経験が足りないのかもしれない

電車のなかに閉じ込められたときの あの きゅーっとする感じが そうなのでしょうか

だけど 電車はほどなく発車してくれ

わたしは自由に生きていられる

あのまま あのまま ずっとずっと 閉じ込められるような

絶望

それはつらいね

むかし むかし

母が余命を宣告されたとき

母は 本当にもう やけくそというか それまでとは全く違う言動になってしまったこと 思い出した

必ずもうすぐ死ぬと認識することは

まともな脳には 耐えられないのかもしれない

わたしも 同じ状況になったら そうなるのかもしれません

きっと めそめそしている・・・

f:id:miya_ma:20160420221707j:plain

出口をさがしている鼠たち

閉ざされるなら やさしくゆっくりが いいのかもしれない

自分の未来が閉ざされてしまったと感じることは けっこう あります

あの夢 この夢

パン屋さんになりたい お花屋さんになりたい なんていう ふわふわした夢は

もうわたしには閉ざされてしまった

たぶんもう二度と性交渉を行うことはない・・・・かな?

それも微妙に閉じてる扉かしら

いろんな三叉路 五叉路を選び

もう戻れないところまで 来てしまった

f:id:miya_ma:20160420221917j:plain

夫の親戚のいくつかの闘病とお葬式は 

ある宗教の お葬式だった

その宗教に深く信仰している方の闘病は 穏やかだったように思える

自分が死ぬなんて信じられないありえないいやだいやだと駄々っ子みたいに嘆くわたしの母のようではなく

ありがとうといって 亡くなってゆくような・・・

そのような宗教の価値観を持っていると

死ぬことは 終わりじゃなくて 明るい未来への 出口だったのかもしれない

・・・・だからといってある特定の宗教を勧めるわけじゃないけど 

そんなふうに未来を信じられるのはうらやましい

苦労知らずのわたしは 苦境にそんなに強い人間ではないかもしれない

なにか心のよりどころが ほしくなるときがあるのでしょう

何が助けになるのか 知恵はないけれど 

わたしもほとけに出会いたい

そして 人にやさしくしたい・・・

わたしは冷たい人だったけど なんだか ほんとに 人にやさしくしたい・・・

f:id:miya_ma:20160420222513j:plain

熊本の震災はまだ止まず 

被災された皆さんを思うと心が痛みます。

 

益城町

 

というのが、空港のある街だと知ったとき

あああああ~~~~あそこのあたりか!

と 

空港までの道のりの風景が 浮かんできました。

 

「お父さんを乗せて いざ東京へ!」

病気がいくぶん回復した父を熊本から東京に連れ戻した道のりが益城町

新緑が萌えて希望にあふれているように見えたのが益城町

きらきらとした綺麗な風景の 益城町

旅に病んだ病人を救ってくれた熊本の街と病院たち

そう思ったとき 

もう他人事ではないように思いました。

 

自分の人生じゃなくて 

人のことを思えるとき

それがほんの少し 

未来への出口をみせてくれるようです

 

とりとめがなくてすみません、元気です。