駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

車掌とともに都心に出てきて

f:id:miya_ma:20160413181910j:plain

あ~車掌の絵だなと思った、お笑いには詳しくないわたしであります・・・。

下の「黄線までさがってお待ちください」

まで含めての 芸術かな・・・。

駅に駅員、電車に車掌。

都心に出るときは いつも 見えないところに車掌がいて 運んでくれているんだなと思います。

渋谷では ポムポムポリンを見つけたり・・・・

f:id:miya_ma:20160413182032j:plain

婦女子が これに思いっきり触ったり なでたりしていました。

中に人が入る仕事があれば 夫が希望しそうです・・・。

 

さて いろいろな話をききますと

保育園も お葬式も 東京への一極集中が そもそもの問題という・・・

 

わたしはあちこちに住んだことがあり

どこもいいところで

どこに住んでも元気で過ごしたいと願うのですが

東京は魅力があるし 離れるの寂しいかもしれないな・・・

ずっと大田区って人の なんと多いこと・・・

東京住まいにより 知らないうちに恵まれているのかもしれませんね。

でも損なっているものもあるかもしれませんね。

東京に住まうことについて いろいろ考えてしまいます。

出先からの更新でした。