駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

ローマの旅_1日目(ヴァチカン美術館+テルミニ駅うろうろ)

f:id:miya_ma:20160213234121j:plain

高畑勲さん版かな?見慣れた赤毛のアンが朝、出迎えてくれました。

いててのて。

・・・・そういえば夜中にトイレに起きたとき、あけっ放しにしていたトランクの金具を踏んづけてしまいました。寝ぼけていたのでバンソーコーを貼り付け、また寝たのだった・・・。自業自得すぎますね・・・トランクは閉めて寝ましょう・・・

ああ、ローマの朝だ!

そんなに寒くありません。

雨のち晴れ。

ホテルの朝食は、別館4階だといわれ、エレベーターに向かったら・・・エレベーターにドアがありました・・・・

「いや、普通ドアあるだろう」って言われそうだけど

その 開くドアじゃなくて・・・

そのドアの前にもう一枚 手動のドアがある・・・。

f:id:miya_ma:20160213235115j:plain

「エレベーターが来たな・・・」と思ったら、これを手前に引くと、エレベーターのドアがあるのです・・・。

なんかいろいろ怖すぎです。

朝食は品数は少なかったですが、ハムにチーズにエッグにコーヒーにフレーク・・・・美味しくいただきました。

夫が、今日はヴァチカン美術館に行こう、テルミニ駅から地下鉄だ、というので、まずテルミニに向かいました。

でも・・・なんか、道がむずかしい。

f:id:miya_ma:20160213235345j:plain

右か左がテルミニなのですが、見当つかず・・・結局、間違えた!!

ハァハァ・・・

本当は徒歩15分くらいのホテルですが、30分くらいかかり、きつい登坂を超えて、やっとのことでテルミニ駅に到着・・・・。

この写真は夜間に撮ったものですが、テルミニ駅は、ローマでもっとも大きい中心駅です。

f:id:miya_ma:20160213235640j:plain

テルミニ駅では、駅のホームに入るには立っている駅員にチケットを見せなくてはなりません。

ある意味、究極の有人改札

しかも無防備に立っている・・・!

駅員の周囲に透明な時間の風が吹いて、駅員の立ち姿・全身像を360°見放題というわけでした・・・・フフフ。

そんな、カッコイイ駅員の写真でもどうぞ~。

f:id:miya_ma:20160214003844j:plain

さて、わたしたちが乗るのは国鉄トレニタニアではなくATACの地下鉄です。

地下鉄・トラム(路面電車)・バスが72時間乗り放題になるATAC乗り放題チケットを、地下鉄の改札前の機械で買いました・・・機械が読み込めるお札と、読んでくれないお札があって、戸惑いました・・・でも、これってよく考えたら日本でもあることですよね。

夫が「トイレ~」というのであわてて探して・・・テルミニ駅にトイレは3つくらいしかないことがわかり、こりゃあ飲み物は我慢しないと・・・と思いつつ、地下鉄A線、乗車。

地下鉄の側面に落書き。

日本ではそんなことがあったら大騒ぎですが、ローマでは平気な顔で走っています・・・連結部分のジャバラにも落書きとは!

f:id:miya_ma:20160213235852j:plain

乗車してすぐ、暑がりの夫が

「ハァハァ・・・暑い・・・苦しい・・・」と汗を流してうめき始めました。

東京の冬よりも暖かい日でしたが、5枚着こんできた、というのです・・・

そして車内で、分厚い毛糸のカーディガンと皮の上着を脱ぎ始めました・・・

・・・しかしそれも荷物になるので すでにコートを着ているわたしがさらにその2枚を着ることになったのです(~~;)

ああ、着ぶくれ。

暑さには強いからいいのだけど、重たい・・・。

f:id:miya_ma:20160214000158j:plainコートinコート!

本当はオッタヴィアーノという駅が最寄りだったのですが、そのひとつまえのLepanoという駅にVaticanと書いてあり、なんか気がはやってダメすぎるわたしたちはついついそこで降りてしまいました。

そして土地勘もなく 間違って反対方向に歩き・・・川にぶつかって ああ 間違えたと知る・・・。

ローマの道は本当に最後まで難しかったです・・・・。GPS機能が使えればと何度も思いました・・・・。

 

すでに足が疲れてしまっているわたしは、せっかくATAC乗り放題パスがあるので その道を走っているトラムかバスに乗ろうということで 来たバスに乗ったら 運よくヴァチカン市国に到着できました。

 

銃を構えた迷彩服の軍人さんに驚きながら 美術館に向かうと 

すごい行列・・・・

行く先のみえない 少しも進まないような この長い行列にならぶのか・・・。

ううう つかれた・・・・。

f:id:miya_ma:20160214000743j:plain

わたしたちの前にはイタリア人カップルでしょうか、男性がとても女性に気を使って、アイスを買って来たり、塀に登っておどけたり、肩を抱いたり、フニクリフニクラを唄ったり、とにかく、落ち着きがない・・・いやいや・・・恋人へのサービスがスゴイなと思いました。いいなあ。

 

結局、3時間並んだのですが、並んでる最中はどこにトイレがあるのかわからなかったので、とにかくトイレのことを考えないようにしないと・・・・などと、結局トイレのことばかり考えていました。

 

貴重な観光時間の3時間を行列に取られ、いつもならキレそうなところですが、夫が、3時間で入れるならいいほうなんだ、世界中からここに巡礼に来るんだ、ふつうは1日かけて入るんだ祈りだ、などと言うので、そうかなあと思って・・・我慢、我慢、がんばりました。

確かに中はすばらしいものでした。

f:id:miya_ma:20160214001230j:plain

f:id:miya_ma:20160214001240j:plain

f:id:miya_ma:20160214001250j:plain

あまり語彙がないのですが、歴史の重さ、時間をかけて作られたものの迫力を感じます。

やはり目玉の、システィーナ礼拝堂だけはということで観に行って、帰りはカフェで休憩・・・

疲れました。

システィーナ礼拝堂は神聖な場所のようで、泣き出す赤ちゃんに神父さんが「静かにせえ」という一幕もありました・・・・。

天井画、ミケランジェロラファエロ・・・

あれ、指と指つけてる有名な絵って どこにあったんだろう・・・←アホ

疲れすぎてだんだん意識不明になりながら・・・

着ぶくれ De カフェ。

f:id:miya_ma:20160214001818j:plain生き返った・・・。

この時点で15時近かったので、わたしはテルミニ駅をもう少し研究したいと言いました・・・・何しろ、この翌日がけっこう早朝の特急列車の旅なので・・・

朝、ホテルからテルミニ駅がすごく長く感じられ、それなら地下鉄もしくはトラムで行けないかと思って・・・。

そんなわけでこのあと、テルミニ駅とホテルの間をぐるぐるしました(地下鉄で駅を乗り過ごしたり迷子になったり方向を間違えたり大変だった・・・)が、結局、ちゃんと歩けばホテルから20分弱なので、それが確実だということがわかりました。

夕食はテルミニ駅のイートインみたいなところで、サラダやパンをいただきました。

ホテル前、夜の風景はこんな感じです。

町中が遺跡だらけ。

f:id:miya_ma:20160214002138j:plain

ホテルに戻ると、ケガした部分から流血して靴下が真っ赤!でも、傷口はグロテスクでしたがそこは痛くなくて、それより足も腰も肩の疲れがひどかった・・・。

翌日はフレッチャロッサナポリ+ポンペイの旅・・・シャワーを浴びて早寝しました。

 

2日目に続く・・・。

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383