駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

左手のなかの黄金郷

今年はたくさん曲書きました~。

もっとも新しい作品の歌詞です~。

f:id:miya_ma:20151228215126j:plain

「左手のなかの黄金郷」
 
 
あなたはあなたは僕の穴を右手の指で広げて
ボルトをボルトをぶっといボルトをむりやりねじ込んだ

あれからあれから僕の胴体はふたつにわれたまま
あれからあれから左半分だけで生きているみたい
 
長い針 短い針 
つまさきのかけら 抜け落ちた髪 足踏みのミシン
糸くずの部屋へ ようこそ
 
左手のなかの黄金郷 
夢みる夜のトイボックス
手首 あしくび 繭の糸
締め付けられるまま
 
左手のなかのオルゴール 
金属音のアルペジオ
動力止まるその前に
父さんもっと強く巻いて 父さんもっと強く巻いて 父さんもっと強く巻いて
こわれるくらいでいいからね

f:id:miya_ma:20151228215539j:plain

 
いっぽん2本と薪をくべれば暖炉に火花散る
父さん どうして燃えやすい素材で僕をつくったの
 
氷点下の日は背中のひび割れが少し痛いから
父さん どうして割れやすい素材で僕をつくったの
 
長い針 短い針  
捨てられてもいい 燃やされてもいい なくなってもいい 
いつもそう思っています
 
左手のなかの黄金郷
湾岸沿い ネオテニーランド
育つこともできなかった 
幼虫園児のまま
 
左手のなかのホライズン 
ここには来ないデイブレイク
銀のボルトをつっこんで
父さんの軸で廻されて 父さんの軸で廻されて 父さんの軸で廻されて 
こわれるくらいでいいからね

f:id:miya_ma:20151228215602j:plain

 
左手のなかの黄金郷
夢みる夜のトイボックス
手首 あしくび 繭の糸
 締め付けられるまま
 
左手のなかのダイナマイト
僕を守ってくれるジュエル
舌を絡めてキスをして
父さんといっしょにいきます 父さんといっしょにいきます 父さんといっしょにいきます
こわれるくらいでいいからね
 
ばらばらになって こなごなになって もとのかたちをとどめてなくても
父さんのそばにいるからね 
いつも 僕がいるからね
父さんのそばにいるからね 
僕はいるからね
 

f:id:miya_ma:20151228215620j:plain