駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

秋の虫を守る車掌

f:id:miya_ma:20151008115826j:plain

銀座線の車掌はもう若くなく

北関東に転勤した子供の将来が気がかり

ギックリ腰の再発が気がかり

だけど黄色い塗装の電車に乗れば元気が出てくる

若くない車掌の目に

秋の虫が見える

羽根をむしられた小さな虫

夏をなんとか生き延びて弱々しくホームの端を歩いている虫

若い駅員は気づかなかったが

車掌はそれに気づいて

ちょっとお前 どいておくれよと 白い手袋で指をさす

北関東に早い木枯らしが吹く夜

秋の虫にとって最期の夜

黄色くて優しいものを目に焼き付けて逝きました

銀座線っていう電車なんです

忘れないでね

 

【忘れそうですがFlickrもときどき更新しています】

www.flickr.com

 【松岡宮のスタンダード!CD「Limited Express 383」もよろしくお願いいたします】

LimitedExpress383

LimitedExpress383