駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

京王れーるランド

f:id:miya_ma:20150910114152j:plain

多摩動物公園に行ったついでに、向かいにある「京王れーるランド」に行ってみました。

京王線の駅員・・・シルバリーな制服はカッコイイですね!

なぜか駅員オーラは少なく・・・どこか気さくで明るく憎めないイメージがあります・・・。

そんなれーるランド、山の中にありました。

そんなに大きくないのですが、お目当ての、歴代の制服もありました。

 

f:id:miya_ma:20150910114427j:plain

いちばん左の茶色いのは、見覚えあります。

都会の冬を彩る、京王らしいブラウン、柔らかく駅員を演出してくれたものでした。

昔のほうが駅員の制服には個性がありましたね。

アップでどうぞ~。

f:id:miya_ma:20150910114528j:plain

ハァ・・・いいなあ・・・。

・・・くまちゃん ほろほろ・・・

肩口、いいなあ・・・。

・・・くまちゃん れろれろ・・・。

あいしゅっしゅ。

さて、このランドでは「車掌体験」ができるというので、胸をときめかせていきました。

行ってみるとそこは、車掌室が解放されているもので・・・自分でマイクなどを操作できるのでした。

f:id:miya_ma:20150910114646j:plain

お客様に ご案内申し上げます~♪

この列車は 新宿行きです・・・♪

・・・ひとりで言っていると かなしいひとみたいだな・・・

おーい 誰か いないかあ・・・?

車掌は叫んでいます・・・

f:id:miya_ma:20150910114816j:plain

電鈴も鳴らせました♪

出発せよ、出発せよ♪

・・・しかしこの電鈴を メッセージとして受け止めてくれる運転士は世界のどこにもいない・・・

空疎な車掌はいまひとりぼっちだ・・・

悲しくなってきた。

というわけで松岡の旧譜CD「車掌もひとりぼっち」よろしくお願いします(宣伝か!)

おみやげもいろいろ買いました。

動物園で、たまちゃんと、京王パスケース&ふせん。

のるるんは比較用です。

京王パスケースが・・・大きい!

よくできていますよ。

f:id:miya_ma:20150910115003j:plain

そして・・・かなり、土砂降りの日で、わたしはその日ビニール傘だったので、

傘を買おうと思っていたところ・・・

制服を着た 背の高い素敵な係員が京王オリジナルの傘を見せてくれました。

「雨にぬれると京王帝都電鉄のマークが浮かび上がる傘なんです!」

・・・ほら みて・・・

と、キラキラした笑顔のまま いきなり霧吹きで水を当て始めました・・・

・・・・いやあん・・・あたし 濡れちゃう・・・

傘が濡れて マークが微妙に浮かび上がります・・・

濡れたわたしの体に浮かび上がるのは駅員愛好家の文字・・・

制服さんの手の中で京王帝都のマークが浮かび上がったその傘の恥じらい・・・

・・・この傘は普通より骨が多いんです・・・丈夫なんです・・・

と説明する長い腕の尺骨が 見える・・・

ああ、その制服さんの強靭な体躯を思わせる傘なんだね・・・

強い雨でも大きくすっぽり包んでわたしを守ってくれるのだ

ある雨の日に

わたしはこの傘に守られるのだけど

濡れた体に京王帝都への愛が浮かび上がってしまうのだな・・・

説明されながら 何か 恥ずかしくなってしまったけど・・

ええ

もちろん

買いました!

とも。

f:id:miya_ma:20150910115518j:plain

京王マークをもじったシールも貼り付けました。

ハァハァ

無くさないようにしないとね・・・。

そんなわけで、いろいろアトラクションもあり 楽しかったです。

子供さんにおすすめですよ。

そのあと仕事終えて

モノレールに乗って帰ったのですが・・・

・・・ああ、何か、輝いているものがある・・・

 

駅員だッ!

まぶしい!

 

駅員がッ!!

 

f:id:miya_ma:20150910115931j:plain

やっぱり 最後は 

小田急駅員が 

さらっていったのでした(完)

 

LimitedExpress383

LimitedExpress383