駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

縛られた駅員はいなかった

f:id:miya_ma:20150527124418j:plain

どこかで縛られている駅員の声が聴こえる

肩パッドにくいこむ紐が熱を持ち

動こうとすればますます 腰ひもが食い込む

駅員の肉に 紐が食い込み・・・

・・・喉が渇きました

・・・水が飲みたいです

・・・おしっこしたいです

・・・お話がしたいです、声が出したいです・・・

・・・どこかせまいところに入れられているのですね

駅員、あなたはどこにいるの?

駅をめぐって探してみたけれど

被害を受けてくるしそうな駅員は いなかった

縛られた紐はそのままに 爽やかに仕事をしている駅員ばかりだった

あなたの肉に食い込む紐は 愛されているのね

いいな わたしもあなたの腰に食い込む紐になりたい

サイドベンツの風をあびて

いつまでも駅に食い込んでいるのさ