駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

また丸芽さんとF線へ

おはにゃう。

昨夜は、またF線(副都心線)に乗ってしまった・・・。

今度は、土地勘のまったくない、西早稲田で降りました。

1月23日神楽坂にユニット組んで参加してくれる、丸芽さんに誘われ、「茶箱」の、へんてこ楽器会に参加したのでした。

なんか眠くなって後半は寝てましたが(←おい)

インプロ4時間というのは言語や人智を超えた不思議な空間でしたね。

帰りも丸芽さんとF線の駅へ・・・坂を登ってけっこう遠かったですが

学生街で、綺麗な街だなと思いました。

西早稲田、駅員は男女でした。

東京メトロといえば男性的なイメージあるのですが、女性駅員を見ることも増えてきました。

西早稲田駅、不思議に婉曲しています。

筒のよう。

トイレットペーパーの、筒のよう。

有名な障がい者施設がここにあります

介助者とともにここに来る

西早稲田駅、地下の筒。

どうか乗客を守って下さい

排便した神様がトイレットペーパーくるくるしたら

わたしたちも駅員もくるくるされる

どうか乗客を守って下さい

この大地が回転しないというそんな前提のもとに

茶色いF線 停車する・・・・

鈴の音・・・

時刻表通りのなかにわずかばかりのインプロヴィゼーション

地下鉄というのは 考えるほどに おそろしくなってきます。

丸芽さんの楽器ユニットRacco-1000伏も なんか楽しそう。

松岡主催イベントに力をかしてくださって 本当にありがとうございます。

ここをお読みの皆様もぜひ お越しくださいませ★