駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

仙台といえばこの歌が

広瀬川

流れる岸部シロ~

というわけで仙台ネタ、のこりです★

昔、普通の改札だったところが自動改札になって、駅員が居ない・・・ってのは寂しいですね。

おもえば、新宿などでも、いま自動改札になっているところ、昔は駅員がずらっといて、はさみを廻していたのですね。その風景は、さぞかし美しいものだったでしょう。

美人、を堂々と売り物にする、女の見た目だけがいのち、の、秋田県

秋田の女性は、生きにくいのだろうか?

それとも、美人県の誇りを胸に生きてゆくのか・・・。

地下鉄乗れなかったなあ、制服けっこう良さそうだったが。

駅員観察に行ったとき、駅員さんが女性だったので、そのまま帰ってきました。

♪青葉通り~

薫る葉、みどり~

ではなく、葉っぱは茶色、でした。

落ち葉の多いストリート、それが、青葉通り。

土居晩翠のなんかが、ありましたよ~。

笹の上にのせれば、なんでも、笹かま?

小田原でも、笹かま!

パンダだって、笹かま!

むすび丸、かわいいねえ。

♪ 広瀬川~ ←しつこい

学会参加だったので、しかも自転車をしょっていったので、なかなか写真が無いのですが

仙台は綺麗で住みやすそうな町でしたね。

しかし、青葉通り、も、広瀬川、も、通るたびに、「青葉城恋歌」しか浮かばないという・・・

あの歌の偉大さが、わかります。

ムネユキ!