駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

車掌の名は山彦

車掌の名は山彦、

電車の名は やまびこ。

じつは恥ずかしながら はやぶさと はやてとやまびこの区別も ついていなかった

おとなしい顔をした やまびこ

自由席空いていた やまびこ

新幹線のくせに 3回も

通過待ちした やまびこ

そんなに速くないのかしら

酔わなくて 

あーよかった

売り子さんが何往復もしてくれて安心だった

おーいと呼べばおーいと返事が戻ってくるかしら

やまびこだもの

お客さん少なくて ワゴン走りやすいね、やまびこ。

ぽっちゃりとした上半身の車掌が

いいところのおぼっちゃまみたいに

頭を下げて やってくるけど

検札はしてくれなかった、やまびこ。

女性用トイレ綺麗だった!

心遣いを感じます。

すべてが美しい思い出になる、やまびこ。

ネットカフェのおもてなしも 最高ですよ、ではおやすみなさひ。

Xperiaから送信